ISO/TS 16949:2002(通称TS2)は、2002年に発行された自動車セクター規格で、品質マネジメントシステム(QMS)に関する国際標準になります。

ISO/TS 16949:2002についての分り易い解説書を紹介します。自動車業界の関係者だけでなく、一般製造業でも役に立つと思われます。

本書:「よくわかるISO/TS16949自動車セクター規格のすべて」です。

本書は、著者:長谷川 武英 氏で、日刊工業新聞社より2005年9月に発行されています。

よくわかるISO/TS16949自動車セクター規格のすべて
日刊工業新聞社
長谷川 武英(著)
発売日:2005-09
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:63163

本来、ISO/TSは、ISOが発行する技術仕様書(Technical Specification)で、将来国際規格(IS)への移行を前提とし、発行の3年後にIS化の可否判断が求められ、6年後には,IS化または破棄が決定される性質のものということになります。

この技術仕様書は、IATF(International Automotive Task Force)が作成し、ISO/TS 176傘下のAutomotive Pilot Project により検証された共同策定との経緯となります。

なおISO/TS 16949:2002の関連文書は、以下の4部構成になっています。

  1. 要求事項本文(規格本文)
  2. IATFガイダンス(実例や解説の記述)
  3. Rules for achieving IATF recognition(審査登録のスキーム)
  4. Quality Management System Assessment Check List(審査に用いるチェックリスト)

なお要求事項本文については、 ISO TS16949自動車セクター規格WG翻訳による対訳本があります。

対訳・ISO/TS16949品質マネジメントシステム―自動車生産及び関連サービス部品組織のISO9001:2000適用に関する固有要求事項 ポケット版
日本規格協会
ISO TS16949自動車セクター規格WG(翻訳)日本自動車工業会(翻訳)自工会=(翻訳)
発売日:2002-10

従来のQS-9000(第3版)が2006年12月14日で廃止とのことで、ISO/TS 16949:2002が自動車業界の実質的なデファクトになる流れで動いています。

なおQS-9000(1994年8月に発行)は、ビッグ3が発端となってのその作成の背景から、「APQP」(新製品開発の品質計画)、「PPAP」(生産部品承認プロセス)、「FMEA」(故障モード影響解析),「SPC」(統計的手法」、「MSA」(測定システム解析)などの日本自動車業界がすでに現場で実践してきた品質管理手法が盛り込まれた特色を備えているが、基本的には、ISO9001:2000の改定に伴う改定を行わないで、ISO/TS16949に集約される流れとなった経緯があります。

なお本書(「よくわかるISO/TS16949自動車セクター規格のすべて」)では、要求事項部分は、IAOB(International Automotive Oversight Bureau)による日本語訳の著作権のため著者による独自訳が掲載されています。(他のTS16949関連本では、著作権のため要求事項自体の記載が無いものが多いかと思われます。)

本書は、フロー図や、重点箇所のハッチング等により分り易く構成されています。

本書は、自動車業界だけでなく、TS16949は、QMSパフォーマンスの向上を目的としていることから製造業においてもそのパフォーマンスの改善部分で大いに参考になると思われます。

なお本書の目次は、以下の内容です。
まえがき
第1章 自動車産業と品質マネジメントシステム
 1.1 自動車産業の特徴と製品特性
 1.2 日本の自動車業界とISO9000
 1.3 なぜ、ISO/TS16949はJISにならなかったのか?
第2章 ISO/TS16949:2002に至る自動車セクター規格の経緯
 2.1 米国ビッグ3から始まったQS―9000
 2.2 自動車セクター規格の基となっているQS―9000の特徴
 2.3 QS―9000からISO/TS16949へ
第3章 ISO/TS16949:2002の基本
 3.1 ISO/TS16949の枠組みと要点
 3.2 審査登録制度の特徴
 3.3 基本となっているISO9000:2000
      品質マネジメントの8原則と解説
 3.4 TSの目標は“QMSパフォーマンスの改善” 
 3.5 プロセスアプローチ
 3.6 ISO/TS16949:2002に対するIATFガイダンス
 3.7 TSの達成目標
 3.8 適用範囲
 3.9 定義
第4章 ISO/TS16949:2002の要求事項の要点
 4.1 一般要求事項
  5. 経営者の責任
 5.6 マネジメントレビュー
  6. 資源の運用管理
  7. 製品実現
 7.2 顧客関連のプロセス
 7.3 設計・開発
  8. 測定、分析及び改善
 8.2.2 内部監査
第5章 ISO/TS16949要求事項に対するチェック項目
  4. 品質マネジメントシステム
  5. 経営者の責任
  6. 資源の運用管理
  7. 製品実現
  8. 測定、分析及び改善
第6章 顧客固有要求事項
第7章 品質コアツール
 7.1 故障モード影響解析(FMEA)
      ケーススタディ:自動車のDFMEA
 7.2 統計的工程管理手法(SPC)
 7.3 測定解析(MSA)
第8章 TSの内部監査
 8.1 内部監査は効果的な経営ツール
 8.2 ISO/TS16949:2002で要求されている内部監査
 8.3 効果的な内部監査員の選定
 8.4 内部監査員の教育及び力量
 8.5 効果的な内部監査アプローチ
 8.6 プロセスアプローチ型内部監査
 8.7 内部監査のテクニック
 8.8 品質リスク予防の内部監査
 8.9 是正処置及びフォローアップ
第9章 自動車産業の社会的責任(CSR)とリコール
 9.1 リコール隠しの原因
 9.2 リコール隠しをISO/TS16949で検証する
 9.3 リコール欠陥を作らないシステムこそが再発防止策


(広告)

キャノンインクカートリッジ選択

オフィス・デポ ジャパン

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo