ISO/TS 16949:2002規格の序文 05.項「このTSの到達目標」において、以下のように記載されていいます。

このTSの到達目標は、サプライチェーンにおける欠陥予防、並びにばらつき及びムダの低減に重点を置いた継続的改善をもたらす品質マネジメントシステムをつくりあげることである。」

ISO/TS 16949 規格は、自動車産業を対象とした品質マネジメントシステムのセクター規格ですが、上に引用したTSの到達目標にあるように、その内容は、自動車産業のみならず各製造業において、その品質経営のパフォーマンスを改善する目的に幅広く活用できる規格となっています

 これまでに発行されているISO/TS 16949に関係する参考図書としては、AIAG(米国自動車産業アクショングループ)のガイドの翻訳書をはじめ、ISO/TS164949の規格要求事項の解説を主体としたものが多かったように思われます。

 プロセスアプローチの観点からISO/TS16949規格に基づく品質マネジメントシステムの構築と運用について、また特にコアツールの重点解説も含め、図解で分かり易く、解説している入門書が発行されていますので紹介します。

本書:「図解 ISO/TS16949よくわかるプロセスアプローチとコアツール」です。

本書は、著者:岩波 好夫氏で、(「図解 ISO/TS 16949入門」の著者、当ブログで紹介)2006年9月に 日科技連出版社より発行されています。

本書の帯には、以下のように書かれてあります。

「自動車産業品質マネジメントシステムの

国際規格ISO/TS16949で求められる

プロセスアプローチにもとづく

システム構築と運営、コアツールの活用を


図解で分かり易く解説。

実践的入門書!。」

また裏面の帯には、次のことが書かれてあります。

「本書はつぎの方々にお奨めします。

  1. 自動車産業のビジネス・パスポートとなるISO/TS16949認証取得(審査登録)を検討中の企業の方々
  2. 自動車産業のプロセスアプローチ、コアツール、顧客固有の要求事項など、ISO/TS16949で要求されている内容のうち、ISO/TS16949規格要求事項以外についても、理解したいと考えておられる方々
  3. ISO9001認証を取得しているが、品質向上と顧客満足だけでなく、生産性やコストを含めた経営パフォーマンスの改善のために、システムをレベルアップさせたいと考えておられる企業の方々」

本書の構成は、7章からなります。

第1章は、「ISO/TS16949の審査登録とシステム構築」との表題で、ISO/TSの審査登録、システム構築などについてフローで概要とそのステップ毎の課題が解説されています。

第2章は、「現状システムとのギャップ分析」として、組織の現状のQMSとTS2とのギャップ分析の手順について解説しています。

第3章は、「自動車産業のプロセスアプローチ」として、自動車産業の顧客志向に基づくプロセスアプローチについて解説しています。

第4章は、「ISO/TS164949の内部監査」として、ISO19011規格の概要と、システムアプローチに基づく内部監査の方法について解説しています。

第5章は、「プロセス・パフォーマンズの改善」として、TS2の主要なプロセスの、顧客満足プロセス、設計開発プロセス、製造工程プロセス、供給者プロセスについて、パフォーマンスの改善について説明しています。

第6章は、「ISO/TS16949のコアツール」として、『新製品品質計画(先行製品品質計画、APQP)』、『製品承認プロセス(生産部品承認プロセス、PPAP)』、『故障モード影響解析(FMEA)』、『統計的工程管理(SPC)』、『測定システム解析(MSA)』のそれぞれについて解説しています。

第7章は、「顧客固有の要求事項および半導体の要求事項」としてその内容を説明しています。

なお本書で、プロセスアプローチの解説には、幅広く、AIAGの実践ガイドの付属書FでTS2の「監査および実施のための強力な分析ツール」として、取り上げられていた『タートル図』が多く採用され分かり易く解説されています。

turtlediagram.gif 


 

図解ISO/TS16949 よくわかるプロセスアプローチとコアツール
日科技連出版社
岩波 好夫(著)
発売日:2006-09
発送時期:通常1~2週間以内に発送
ランキング:64959

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 ISO/TS16949の審査登録とシステム構築
   1.1 ISO/TS16949審査登録のフロー
   1.2 ISO/TS16949システム構築のフロー
   1.3 ISO/TS16949の関連規格
第2章 現状システムとギャップ分析 
   2.1 ISO/TS16949の適用範囲
   2.2 ISO/TS16949の要求事項とギャップ分析
第3章 自動車産業のプロセスアプローチ
   3.1 プロセスアプローチ
   3.2 自動車産業のプロセスアプローチ
第4章 ISO/TS16949の内部監査
   4.1 ISO/TS16949の概要
   4.2 ISO/TS16949の内部監査
第5章 プロセス・パフォーマンスの改善
   5.1 顧客満足プロセスのパフォーマンス改善
   5.2 設計・開発プロセスのパフォーマンス改善
   5.3 製造工程プロセスのパフォーマンス改善
   5.4 供給者プロセスのパフォーマンス改善
第6章 ISO/TS16949のコアツール
   6.1 ISO/TS16949とコアツール
   6.2 新製品品質計画(APQP)
   6.3 製品承認プロセス(PPAP)
   6.4 故障モード影響解析(FMEA)
   6.5 統計的工程管理(SPC)
   6.6 測定システム解析(MSA)     
第7章 顧客固有の要求事項および半導体の要求事項および半導体の要求事項
       7.1 ダイムラークライスラー固有の要求事項
   7.2 フォード固有の要求事項
   7.3 ゼネラルモータース固有の要求事項
   7.4 半導体の要求事項
付録:用語の解説
参考文献

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo