環境庁の技官を経て、現在、大学の人間環境学部で教鞭をとる著者が、地球温暖化、環境ホルモン、電磁波、ガン、アトピー、狂牛病、水道水などの環境科学についての「専門家の常識」「理科系の常識」が一般の人たちに伝わっていないとの現状から、理科が苦手な人も含めて『環境の科学』の実態について解説している本を紹介します。

本書:「 環境問題の杞憂 」です。

本書は、著者:藤倉 良 先生で、2006年11月に新潮社より,新潮新書の一冊として発行されています。

本書の帯には、以下のように書かれてあります。

「地球温暖化、環境ホルモン、電磁波、

ガン、アトピー、狂牛病、水道水……

根拠なき不安を

打ち破る!」

「<、あれそんなに

悪くないじゃない!>>

日本は「世界一健康に良い国」

環境問題で寿命は縮まない

ガンもアトピーも増えていない

日本の国土は酸性雨に強い

水道水はもっとも「安全」な水」

また本書の表紙の折り返し部には、以下のように書かれてあります。

「「環境」に関する話題については、日常生活や健康に身近なテーマとして関心が高い一方で、驚くべき誤解や非常識が世間一般にまかり通っています。

一面的な悲観論に振り回されてストレスを溜めたり、不要な努力や出費を強いられたりするのは、なんともばからしい。

地球環境から健康器具まで、中学・高校レベルの科学知識で冷静に捉え直してみれば――。

意外にシンプルで「悪くない」環境問題の現実が見えてきます!」

本書の5章「環境の『常識』に惑わされない」で著者は、以下のように述べています。

「それでは、生活者としての私たちは、どうすればよいのでしょうか。

(略)

私個人は、地球温暖化が最大の脅威だと思っていますし、化石燃料の消費を抑える努力は全世界でやらなければいけないと思っています。

本書で触れることはできませんでしたが、国内では廃棄物をどうするかが重要な問題です。(略)

 けれども、「環境」に気を使いすぎるあまり、マスコミに時々出てくるあやしげな「危険情報」に惑わされ、ストレスを溜め込む必要はありません。(略)

 簡単に言えば、マスメディアで言われていることをそのまま鵜呑みにしない。

その情報源にまでさかのぼってみる。

行政の見解を調べてみる。

そのためにはインターネットは重要なツールであるということです。」

以上のように環境問題について科学的なデータに基づき冷静に判断することの重要性を説いています。

環境問題について環境科学の観点から考えるきっかけになる一冊と思います。

環境問題の杞憂
新潮社
藤倉 良(著)
発売日:2006-11-16
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:6058

なお本書の目次は、以下の通りです。まえがき
1、日本も捨てたものじゃない
日本は世界一健康に良い国である
日本はドイツ以上の環境大国である
日本の環境は年々良くなっている
悪いニュースばかり聞こえてくる理由
2、健康不安に打ち勝つ
環境ホルモンとはなんだったのか
風呂場は路上より危険である
環境問題で寿命は縮まない
ガンもアトピーも「増えて」いない
何が人をガンにするか
本当に気にすべき「食の安全」とは
電磁波が人体に与える影響
3、所詮は人が決めたこと
なぜフロンは禁止されたか
環境に関するふたつの基準
基準は気合いで決まる
ダイオキシン、ここまでなら大丈夫
環境基準を決める
水道水はもっとも「安全」な水である
4、暮らしやすい地球のために
地球は温暖化していない?
温暖化が寒冷化をもたらす?
災害への備えは金利で決まる
環境税は払いたくないことに効果がある
日本の国土は酸性雨に強い
5、環境の「常識」に惑わされない
江戸は環境都市ではなかった?
ディーゼル車vsガソリン車、合成洗剤vs石鹸
「環境にやさしい」とはどういうことか
規制の代償
環境科学はわからないことばかり
忘れてはならない費用対効果
あとがき

<<『環境問題の杞憂』に関するブログを読む>>

『環境問題の杞憂』
藤倉良、2006、『環境問題の杞憂』、新潮新書本書は、マスコミでエキセントリックに 取り上げられがちな環境問題について、改めて冷静にさまざまな立場で考え直そうと言う 趣旨で書かれている。 冒頭、日本人男女の平均余命の長さ(世界の長寿国であること ...
「環境問題の杞憂」
環境問題の杞憂/藤倉 良¥735Amazon.co.jp杞憂(きゆう)《中国古代の杞の人が天が 崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要の ないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。「―に終わる」 典型七公害は受益圏と ...
環境問題の杞憂
さらには著者の苦労とその足跡を高く評価したい一冊でもある。 にほんブログ村 本ブ ログ 書評・レビューへ. 人気blogランキングへ. 環境問題の杞憂, 環境問題の杞憂 藤倉 良新潮社 2006-11-16 売り上げランキング : 7662 Amazonで詳しく見る by G-Tools.
[books]環境問題の杞憂/ 藤倉良
ISBN:4106101920:image 要するに「マスメディアのは思いつきで、いいかげんで、扇情的」 ってことを嘆いている本。この手の本はけっこう好き。
[購書]『人権と国家』『環境問題の杞憂』『「お墓」の誕生』『沈夫人の ...
環境問題の杞憂. 環境問題の杞憂. 作者: 藤倉良; 出版社/メーカー: 新潮社; メディア: 新書. 「お墓」の誕生―死者祭祀の民俗誌. 「お墓」の誕生―死者祭祀の民俗誌. 作者: 岩田重則; 出版社/メーカー: 岩波書店; メディア: 新書. 沈夫人の料理人 4 (4) ...
11月15日の入荷本から。
●時事『環境問題の杞憂』 藤倉 良税込735円新潮新書/新潮社4106101920 環境問題に 関して言われていることには、根拠があいまいな、あるいは検証の不十分な「通説」が 多いのだというこの本は検証志向。 bk1 ●読むと書く 「書ける人」になるブログ文章 ...
新刊新書 新潮社2006年11月分
新潮新書『環境問題の杞憂』藤倉良『大奥の奥』鈴木由紀子『会議で事件を起こせ』山田 豊『伊勢発見』立松和平.

(広告)

クリスマスセール2006

アルク

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo