ISO22000規格の対象とする組織は幅広く、フードチェーンの川上から川下まで飼料生産者、 一次生産者から食品製造業者、輸送及び保管業者並びに下請負契約者、さらに 小売業及び食品サービス業にまで及んでいます。また、ISO22000 の審査登録制度も消費者からの食の安全・安全に対する信頼を求める声の高まりと共に本格化してくるものと思われます。

 食品等事業者やそこに働く方で「食品安全マネジメントシステム」(FSMS)の構築を目指す人たちを対象として、ISO22000 規格のポイントと活用のためガイド、システム構築及び導入の進め方を中心に、ISO22000規格が要求する実務文書・マニュアル・システム関連帳票例などは、雛形としてすぐに活用できるようにCD-ROMにて ExcelおよびWORDファイルで提供している本を紹介します。

本書:「メーカー、卸、流通、小売、外食他食品事業者のための食品安全マネジメントシステム構築ガイドブック」です

ISO22000準拠」となっています。

本書は、 林 裕造氏の監修で、NPO法人:食品保健科学情報交流協議会ISO22000研究会 の編集により2006年10月に日本食糧新聞社より発行されています。

なお、NPO法人食品保健科学情報交流協議会(以下、「食科協」)とは、以下のような趣旨で設立され、活動を行っている組織です。

食品保健等に係る情報提供及び技術指導,食品保健学術交流会の開催、食品保健科学に関する 調査研究を行うなど、食品の安全性及び品質の確保,保健機能食品の適正利用などについての建設的な方策を消費者・企業・研究者・行政官等で協議する機会を作っていこうとする特定非営利活動法人。ISO22000研究会は「食科協」を母体に、企業・団体で の実務担当者及び有識者を中心に、HACCP 関連の スペシャリスト、ISO 審査担当者、コンサルタント 等が中心となった自主活動組織。


本書の「はじめに」の項で、以下のようにその発行の意図について記載されています。

「本書では、食品等事業者やそこに働く方で「食品安全マネジメントシステム」(FSMS)の構築を目指す人たちを対象として、ISO22000 規格のポイントと活用のためガイド、システム構築及び導入の進め方を中心に、食品を取り巻 く現状をはじめとして、食品にかかわる法規、ISO22000 審査登録のしくみ、 導入に際して組織としての取組み方など、ISO22000 を活用するためのファー ストステップとして必要な内容を盛り込んだものです。

 ただし、本書はISO22000 の認証取得それ自体が主眼ではありません。あく までも、現状の管理システムを改善・向上するためのツールとしてISO22000規格の活用方法の一つを提案しているものです。」

本書は、5章から構成されています。

そのうち、4章、5章は、「ISO22000 食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築のための管理手順書・他の文書・記録等の例示」および「ISO22000 食品安全マネジメントシステム(FSMS)参考資料」としてCD-ROMに掲載される内容となっています。モデル文書、様式や帳票類のひな型等を付属のCDに収録しています。各モデル文書やひな型等はMicrosoft Excel及びMicrosoft Wordのファイルで収録されています。

第1章では「ISO22000 規格のポイントと食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築に際しての活用ガイド」として、ISO22000規格の設定の背景から、食品安全に関わる法規制、HACCPならびにISO22000(FSMS)規格の概要などの基礎知識について解説されています。

第2章では、「ISO22000 規格のポイントと食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築に際しての活用ガイド」として、ISO22000規格の仕組みと構成、システム構築を図る上でのポイントとして各要求事項のポイントをフロー図などを用いて解説しています。

第3章では、「ISO22000 食品安全マネジメントシステム(FSMS)の構築及び導入の進め方」として、ISO22000システム構築までの手順や特に導入に当たっての注意点として製品特性、組織、環境の分析の注意点、導入手順として文書を作成する上での注意点などの解説と,食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築モデルの例示として「食品安全マネジメントマニュアル」が例示されています。

なお4章では、本文にはCDの使い方の説明のみで、FSMS システム関連文書(食品安全マニュアル等)フォルダ、システム関連帳票・様式類フォルダ、その他の文書・図表)をWORDの文書としてCD-ROM化されています。また5章も本文としては掲載されておりません。CDでは、FSMS 関連法規概要、食品安全用語集(HACCP)、ISO22000 規格が要求する文書一覧、利用可能な外部資源などが掲載されています。

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 ISO22000 準拠食品安全マネジメントシステム(FSMS)導入のための基礎知識
  1 規格制定の背景(サンプルとして公開しています)
  2 食品安全をめぐる内外の法規制関係
  3 食品安全マネジメントシステム(FSMS)規格の概要
  4 ISO22000 システム導入の目的と期待される効果
  5 ISO22000 登録認証の概要と仕組み
第2章 ISO22000 規格のポイントと食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築に際しての活用ガイド
  1 ISO22000 規格の仕組みと構成
  2 ISO22000 規格のポイントと活用ガイド
第3章 ISO22000 食品安全マネジメントシステム(FSMS)の構築及び導入の進め方
  1 ISO22000 に基づく食品安全マネジメントシステム(FSMS)導入の考え方
  2 食品安全マネジメントシステム(FSMS)導入に際しての注意点
  3 ISO22000 に基づく食品安全マネジメントシステム(FSMS)導入手順
  4 食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築時の主な留意点
  5 ISO22000 推進体制モデルの例示
  6 食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築・運用に必要な要員の教育・訓練プログラムモデル
  7 PRPs・OPPRPs・HACCP 計画書モデル
  8 検証・妥当性確認システムモデル
  9 食品安全マネジメントシステム(FSMS)文書作成時の留意点
第4章 ISO22000F 食品安全マネジメントシステム(FSMS)構築のための管理手順書・他の文書・記録等の例示
  1 FSMS システム関連文書(食品安全マニュアル等)フォルダ
  2 システム関連帳票・様式類フォルダ
  3 その他の文書・図表
第5章 ISO22000 食品安全マネジメントシステム(FSMS)参考資料
  1 FSMS 関連法規概要
  2 食品安全用語集
  3 ISO22000 規格が要求する文書一覧
  4 利用可能な外部資源
巻末付録(用紙仕様:別紙)
「食品業界のISO22000食品安全マネジメントシステム(FSMS)導入/構築に貢献する企業・団体(業種別)」


(広告)

本を買ってお得なポイントたまる!TSUTAYA online

TSUTAYA online

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo