企業会計審議会の調査報告に基づいて日本版SOX法の「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の設定について(意見書)」が2007年2月15日に金融庁のウェブサイトで公表されています。その内容は、129ページに及ぶ専門的で膨大な内容となっています。

本日は、内部統制について最初に読む本として、会社経営のために不可欠となる内部統制のエッセンスをほぼ網羅して、その概要と基本を分かり易く解説している本を紹介します。

本書:「いちばんわかりやすい内部統制のポイント」です。

J-SOX実施基準対応 通勤電車でひとつかみ」との副題が付いています。

本書は、著者:三浦 太氏(公認会計士)にて、2007年3月に中経出版より発行されています。

本書の帯には、以下のように書かれてあります。

不祥事を防ぐ!

実施基準
07年2月
公開

会社法、上場審査基準もふまえて

いちばんやさしく解説。

また表紙の折り返し部には、以下のように書かれてあります。

会社法に続いて
新しい内部統制ルール
J-SOXが登場

その中味とは?

2007年2月15日、J−SOX(金融証券取引法)の実施基準がいよいよ公開されました。

この法律はすべての上場会社に一律適用され、2008年4月1日以降に開始する事業年度から導入されます。

内部統制は上場会社に限らず、全ての会社の経営者、起業家、管理職、一般社員-ビジネスに携わる人に関係があるもの。

ビジネスパーソンが知っておきたい重要知識です。


本書は、ピンク、赤、黄色、オレンジ、黒などの多色刷りで構成されています。各項目についての説明文の中に、例えば、「株主と経営者との関係とは?」との項では、「経営者って、そもそも何をする人なの?株主よりえらい人なの?」というように『素朴な疑問?』との欄を設け、その疑問に応える展開を通してポイントが解説されるスタイルとなっています。またイラストやチャートなど含めて分かり易い解説の工夫がされています。さらにポイントとなる箇所では、ピンクの網掛により箇条書きで重要なエッセンスがまとめてあります。


本書は、パート1から9までの構成となっています。

パート1では、「内部統制の基礎知識」
として、会社の仕組みから、会社の成長段階に対応した内部統制のあり方など内部統制の概要について解説しています。


パート2では、「会社法で定められている「内部統制」」
として、企業不祥事の責任から大企業ならびに中小企業に対応した内部統制について解説しています。

パート3では、「 「上場会社」に求められる内部統制」
として、上場審査と内部統制、内部統制と利益管理制度との関係、内部統制と業務管理体制の整備・運用、更には、内部統制の限界などについて解説しています。

パート4では、「新しい内部統制ルール「J‐SOX」」
として、金融証券取引法に関わる内部統制ルール、内部統制を構築する4つの目的(ゞ般海陵効性、∈睫格鷙陲凌頼性、事業活動に関わる法令等の遵守、せ饂困隆浜)、また6つの基本的要素(‥制環境、▲螢好の評価と対応、E制活動、ぞ霾鵑氾礎、ゥ皀縫織螢鵐亜粉道覲萋亜法↓Γ稗圓悗梁弍)について解説しています。

パート5では、「「J‐SOX」を実践するには?」
として、財務報告に関する内部統制の評価、「内部統制報告書」と内部統制監査とその手順、経営者の対応、J-SOX導入により見込めるメリットなどを解説しています。

パート6では、「内部統制とコーポレート・ガバナンス」
として内部統制の大前提となるコーポレートガバナンスについて、その3つの機能(ー萃役の能動的な役割、監視・チェック機能、説明責任と経営責任)、その構築のポイント、株式上場とガバナンス体制などを解説しています。

パート7では、「内部統制とコンプライアンス」
として、コンプライアンスとは?からはじまり、コンプライアンス体制の構築のためのマニュアル・行動指針、コンプライアンスとコーポレートガバナンスや内部統制との関係などを解説しています。


パート8では、「内部統制とリスクマネジメント」
として、リスクマネジメントとその注意点、さらにその手順としてのリスクの洗い出しと予防処置のポイント、更には、リスクマネジメント体制の構築のポイントや留意点などを解説しています。

パート9でが、「内部統制とCSR(企業の社会的責任)」
として、CSRの概要とCSR経営のメリット、さらに株式の上場とCSRとの関係について解説しています。

いちばんわかりやすい内部統制のポイント コンパクト版―J-SOX実施基準対応 通勤電車でひとつかみ
中経出版
三浦 太(著)
発売日:2007-03
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:48906

なお本書の目次は、以下の内容です。
1 内部統制の基礎知識
 1.会社の仕組みを理解しておこう
 2.「内部統制」ってそもそも何?
 3.「創業期」(中小会社)の内部統制
 4.「安定成長期」になったときの内部統制
 5.「株式上場時」に求められる内部統制
2 会社法で定められている「内部統制」
 1.企業不祥事の責任はどこにある
 2.大会社での内部統制ルール
 3.中小会社での内部統制ルール 
3 「上場会社」に求められる内部統制
 1.上場審査でも内部統制が必要
 2.内部統制と「利益管理制度」の関係
 3.中小企業の「利益管理制度」は問題が多い
 4.上場会社で行われる「利益管理制度」
 5.「業務管理体制」の整備・運用は?
4 新しい内部統制ルール「J‐SOX」
 1.「J-SOX」とはどんなものか?
 2.内部統制を構築する「4つの目的」
 3.内部統制の「6つの基本要素」
 4.財務報告についての内部統制は?
5 「J‐SOX」を実践するには?
 1.財務報告に係る内部統制の評価の仕方
 2.「内部統制報告書」の作成と内部統制監査
 3.経営者は「J-SOX」にどう対応する?
 4.「J-SOX」の導入後、どんなメリットが生まれるか
6 内部統制とコーポレート・ガバナンス
 1.そもそも「コーポレート・ガバナンス」とは?
 2.コーポレート・ガバナンスは、内部統制の大前提
 3.コーポレート・ガバナンスを構築するには
 4.株式上場を目指すときのガバナンス体制
7 内部統制とコンプライアンス
 1.そもそも「コンプライアンス」とは?
 2.マニュアル・行動指針をはっきり示そう
 3.コポレート・ガバナンスや内部統制との関係
8 内部統制とリスクマネジメント
 1.そもそも「リスクマネジメント」とは?
 2.リスクの洗い出しと予防のための対策をとる
 3.リスクマネジメント体制を構築するには
9 内部統制とCSR(企業の社会的責任)
 1.そもそも「CSR(企業の社会的責任)」とは?
 2.中小企業でのCSR経営のメリットは?
 3.株式上場を目指すときもCSRは重要に!

にほんブログ村 本ブログへ


(広告)

北海道も!沖縄も!飛行機と宿を自由に組み合わせてオリジナルな旅!【ANA楽パック】

楽天トラベル株式会社

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo