『組織の経営に役立つ(組織にとって得になる)マネジメントシステムの構築・運用の観点から環境、品質マネジメントシステムの効果的な運用はもとより、両規格の統合マネジメントシステムの確立、運用の勘どころを解説』している本を紹介します。

上記は、その「はじめに」から引用しています。

 ISO9001、ISO14001、OHSAS18001、ISO/TS16949などのマネジメントシステムについて統合したマニュアルを作成して運用している組織もありますが、ISO9001とISO14001のマネジメントシステムについて個別マニュアルのもとで運用している組織も多いかと思います。

 そこで組織のISO マネジメントシステムの統合により、経営効率を上げようと意図する場合、重要な鍵となるのが統合マニュアルの作成と運用をどのように進めるかという点になります。

本書は、ISO9001とISO14001についての統合マニュアルをどのように作成すれば良いか。さらに統合マネジメントシステムの有効な運用を行うための勘どころを解説しています

ISO9001(JISQ9001)ならびにISO14001(JISQ14001)についてマニュアルに盛り込むべき事項を各条項ごとに解説し、統合マネジメントシステム運用の手順についてイメージ図等を使って解説しています

本書:「ISO9001/ISO14001やさしい統合マニュアル作成と運用の勘どころ」です。

本書は、著者:佐藤 公平氏にて、2007年5月に日刊工業新聞社より発行されています。

本書の「はじめに」で冒頭の文に続けて著者は、以下のように述べています。

「とくにマネジメントシステム規格の適確な理解は、効率的な運用に欠かせません。

そこで運用に当たってのマニュアルの作成では、マニュアル作成のポイントを列挙するとともに事例を織り込みながら、より現場の方々への理解を図りました。

既にマネジメントシステムを構築し、運用されている方々にとっては重複する部分もあるかと思いますが、現在の確立されているシステムと比較しながら読んで頂くのも有益ではないかと考えます。

 本書は、規格の経営的意義をご理解頂き(組織にとって得になる)マネジメントシステムを構築、運用して頂ければとまとめました。」

本書は、4つの章から構成されています。

第1章では、「経営に役立つ統合マネジメントシステムとは
として、統合化に向けての背景やマネジメントシステムの概要、経営活動との関連、さらには、統合マネジエントシステムを構築・運用にあたっての考え方、マネジメントシステム規格で用いられる主要な用語の意図を解説しています。

第2章では、「知っておきたい環境マネジメントシステム運用の勘どころ
として、ISO14001規格に基づく環境マネジエントシステムについて規格要求事項について4.1項から4.6項までの各要求項について『マニュアル作成のポイント』、『システム構築・運用上の注意点』について、要点については表による事例を紹介しながら、箇条書きで解説しています。

第3章では、「知っておきたい品質マネジメントシステム運用の勘どころ
として、ISO9001規格に基づく品質マネジメントシステム規格について、4.1項から8.5.3項までの各要求項について、『マニュアル作成と運営のポイント』について、要点については表による事例を紹介しながら、箇条書きで解説しています。

第4章では、「ISO14001:2004/ISO9001:2000 統合マネジメントシステムマニュアルの作成と運用の勘どころ
として、環境/品質マネジメンと規格の共通性として両規格の要求項の対応について表で解説し、統合マネジメントに使用する用語の定義、等に続いて統合マニュアルの作成と運用について解説しています。

 一般に統合マネジメントシステムの構築には、ISO9001かISO14001のどちらを軸にするかの両方の方法がありますが、著者は、ISO14001を軸にISO9001をその要求項に付加した形での統合をこの本では提示しています。統合マニュアルの4.1項から4.6項までの各項について、『統合マニュアル作成と運用のポイント』を箇条書きで解説しています。

ページ数の関係があったのかも知れませんが、統合マニュアルの事例も掲載してもらえたらなお分かり易かったのではないかと思います。

組織のQMSとEMSの統合を考えている方には、このようなニーズも大きいようにも思いますが、統合マネジメントシステムの構築と運用のポイントが分かり易く解説されているので参考になると思います。

ISO9001/ISO14001やさしい統合マニュアル作成と
日刊工業新聞社
佐藤 公平(著)
発売日:2007-05
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:161775

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 経営に役立つ統合マネジメントシステムとは
 1.1 統合化に向けて
 1.2 改善活動を生んだ土壌
 1.3 P-D-C-Aのサイクルを基本に構成
 1.4 経営活動とのつながり
 1.5 システム構築・運用に当たっての注意点
 1.6 規格の用語について
第2章 知っておきたい環境マネジメントシステム運用の勘どころ
 2.1 統合に向けたシステム規格を考える
 2.2 マニュアル作成と運用の勘どころ
第3章 知っておきたい品質マネジメントシステム運用の勘どころ
 3.1 統合化に向けたシステム規格を考える
 3.2 マニュアル作成と運用の勘どころ
第4章 ISO14001:2004/ISO9001:2000 統合マネジメントシステムマニュアルの作成と運用の勘どころ
 4.1 経営に役立つ統合マニュアル作成に向けて
 4.2 環境/品質マネジメント規格の共通性
 4.3 統合マネジメントに移用する用語の定義
 4.4 マニュアル作成と運用の勘どころ


(広告)

ADOBE 購入

LicenseOnline Adobe製品ストア

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo