食品安全マネジメントシステムISO22000HACCPの取組などで中核となるのが微生物ならびに異物対策になります。


 これらは、HACCPプラン(CCP)として管理するか、多くの場合には、工場の5S(あるいは、7S)などの取組を基盤にして手順書を作成してのいわゆるPRPs(前提条件プログラムまたは、OPRP)などの衛生管理の範疇になります。


 とくに食品産業においては、食品への異物混入のクレームをゼロにしていくことは、フードチェーンの次工程となる流通や最終消費者の信頼を得るための必須事項になります


 本日は、多くの食品メーカーの事例を基に、食品製造工場における異物混入(とくに虫、髪の毛、金属など)の対策についてマニュアルとしてまとめ解説している本を紹介します。


 この手法は、もとは製紙メーカーで成功した異物対策法で食品メーカーでも数社で顕著な成果が得られた手法とのことです。


本書:「食品産業の異物対策マニュアル」です。


本書は、著者:中村 茂弘 氏にて、2005年9月に工業調査会より発行されています。



本書の「はじめに」で著者は、この異物混入対策が「TZD(総合的に手法を活用して不良・クレーム対策)研究会」の『比較分析』手法が発端で、製紙工場で異物混入の成果を挙げ、食品メーカーの展開して成果が得られた経過を説明した上で本書の発行に関して以下のように述べています。


食品の異物問題は、早期対策が必要であると共に、今日業界で話題となっているCSRやコンプライアンス(企業不祥事)問題とも大きく関与する要因を含んでいる


このような意味合いから、このたび数社の食品メーカーの方々とともに進めてきた先の異物混入マニュアルをまとめることとした。

(略)

食品の異物混入は、ISO9001、HACCPを取得し他社にPRしたり、その制度をいくら強化しても減らない

また大手食品会社も中小食品会社もその重要度に差別はない。

その多くが物理現象であり源を絶たなければ必ず再度発生する。

また、食品の異物問題を一度でも起こすと大小関わりなく企業は図り知れないダメージを受ける。」


本書は、6つの章から構成されています。本文を補足する沢山のイラストや図表、フローチャートなどが採用され、読みやすく構成されています。


第1章では、「食品産業におけるPL問題と異物対策
として、幾つかの品質問題の事例を挙げ不良問題が起こす企業への影響について解説し、PL法の誕生の経緯について触れた上で食品業界との関連について述べています。さらにCSRについて食品産業との関連について言及し、筆者が異物対策に着手した契機と、最後に、本書では、異物対策に関して犯罪行為を除く物理的な範囲を対象としている旨を述べています。


第2章では、「不良ゼロ化対策の手法と活用成果
として、本書の異物混入対策の手法は、事実情報+物理現象解析をもととしたメカニズム解析とし、JMA TZD(トータル・ゼロ・ディフェクト)で得られたとする手法を解説し、とくにその手法を異物問題対策にどのように活用するかのポイントについて解説しています。


第3章では、「虫の侵入ゼロ化追求の手法
として、殺虫剤など使わない虫対策の必要性に触れた上で、すべての混入の可能性がある虫の種類を挙げ、その侵入条件と好み、環境状態を図化した品質保証実態図についてその作成法を詳細に解説し、個々の虫の性質について詳細に解説しています。さらに虫ゼロ化の手順と虫特性の把握法を解説し、虫の侵入ゼロ化の実践の要点として、危険度に対するウエイト付とそれに基づく現場改善事例を解説しています。


第4章では、「髪の毛混入ゼロ化追求の手法
として、物理現象解析の立場からすると髪の毛混入ゼロ化は、虫混入対策と類似とし、原理図化法と品質保証実態図による対策の進め方を解説し、その手法と手順について5つの実践事例をもとに解説しています。


第5章では、「金属・石・プラスチックおよび化学物質の混入対策
として、異物探知機と異物検出装置の扱いに関して混入防止の事前検討と問題が発生した際の早期発見対策が重要とし、とくに再発防止策としての是正処置の重要性を説いています。またトレーサビリティの重要性について事例を挙げて解説しています。さらにIT利用による食品の現品管理と使用禁止物質の管理について解説しています。


第6章では、「5s+ISO9001:2000+HACCPと異物ゼロ化対策の融合
として、リスク評価とそれに基づく改善、ISO9001:2000に基づく目標管理による改善活動、現場管理者の強化とHACCP+5S対策による標準化の徹底による現場改善の考え方などを解説しています。


食品産業の異物対策マニュアル
工業調査会
中村 茂弘(著)
発売日:2005-09
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:120823

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 食品産業におけるPL問題と異物対策
1-1 不良問題が及ぼす企業への影響
1-2 PL問題について
1-3 CSRと食品産業
1-4 異物対策に着手したきっかけ
1-5 物理現象の解析と犯罪行為の差の明確化
第2章 不良ゼロ化対策の手法と活用成果
2-1 物理現象解析の導入前サゼスション
2-2 JMA TZD(トータル・ゼロ・ディフェクト)で得た解析手法
2-3 TZD研究会で得た手法と異物問題対策への活用の要点
第3章 虫の侵入ゼロ化追求の手法
3-1 殺虫剤、虫評価機器と異なる対策の必要性
3-2 虫ゼロ化の対策:品質保証実態図とその活用法
3-3 虫ゼロ化の手順
3-4 虫特性の把握法
3-5 実践の要点:危険度に対するウェイト付け
第4章 髪の毛混入ゼロ化追求の手法
4-1 髪の毛混入と原理図化法
第5章 金属・石・プラスチックおよび化学物質の混入対策
5-1 異物探知機と異物検出装置の扱い
5-2 トレーサビリティを含む食品異物混入問題と食品メーカーの対処
5-3 IT利用による食品の現場管理と使用禁止物質の管理への提言
第6章 5s+ISO9001:2000+HACCPと異物ゼロ化対策の融合
6-1 危険率評価と改善の進め方
6-2 全員参加改善運動の進め方
6-3 現場管理者の評価と標準化の徹底(HACCP+5S対策)

にほんブログ村 本ブログへ


(広告)

マイルもポイントも貯まる!「航空券」「宿泊」予約は【ANA楽パック】

楽天トラベル株式会社

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo