ISO9001:2000(JSIQ9001:2000)規格の7.3項:「設計・開発」では、『レビュー』、『検証』、『妥当性確認』とチェックの関所が観点を変えて設定され、変更管理についてもシビアな管理が要求されています。


 これは、川上(すなわちオフライン)側で顧客の製品に対する要求事項と組織が提供する製品との大きなズレが生じ勝ちなためであり、製品に及ぼす川上(すなわちオフライン)側のインパクトが大きいためと考えられます。


 昨今の企業経営において設計・開発なども含めた間接部門の生産性の向上が課題とされています。


 また同業他社との競争優位を確立する上で、質の高い安定した製品を一気に市場に送り出すことが強く求められてきています


 品質工学は、タグチメソッド(Taguchi Methods)と呼ばれ、創始者は、田口玄一先生で、品質とコストの和を一つの経済的な尺度で評価することの重要性を説いて、その和の最小化(すなわち、企業側の論理ではなく、顧客側から見て企業の利益と顧客側の損失とがバランスするような経営)をすることを意図しています。


まさに設計・開発なども含めた間接部門の生産性の向上がターゲットとなっています。


そして間接部門とライン部門とがしっかりと連携し、品質工学が社内の共通基盤になっていれば、一気通貫の仕組みを通じて大きな成功が見えてくるように思われます。


 品質工学の分野としては、 開発設計段階(生産に入る前のオフラインでの品質工学)、 生産段階(生産のオンラインでの品質工学)、 MT法マハラノビス・タグチメソッド) がその体系になります。


本日は、品質工学の基本事項の柱として、オフライン対策のパラメータ設計オンライン対策の工程の診断と調節とを品質工学の入門者向けに分かり易く解説している本を紹介します。


本書:「ベーシック品質工学へのとびら」です。


本書は、田口 玄一 先生と横山 巽子 先生の共著にて、2007年9月に日本規格協会より発行されています。


 本書は、日本規格協会の通信教育コース『初心者のための品質工学入門』に採用されているテキストをベースに、実際の受講者から の質問事項等を考慮してより分かりやすく加筆修正されたとのことです。


本書の帯には、本書の意図している要点について以下のように書かれてあります。


品質工学の基本的考え方をわかりやすく説明


これから学ぼうとする技術者の社内教育に最適



本書は、10章から構成されています。各章の終わりには、その章の理解のための演習問題が添付されています。


第1章では、「品質工学概論
として、品質工学における品質とコストの考え方についてとくに品質を「その製品が出荷後に社会に与えた損失」との経済的な測度としての見方を取り、品質とコストの最小化が品質工学のターゲットとの品質工学の考え方の概要を解説しています。


第2章では、「生産現場における品質水準の評価と改善
として、品質水準の評価の仕方に関わる2乗和の分解の方法、変動・分散の期待値の定義とその意味の解説、分散分析表の作成、誤差分析などの基礎を解説しています。

 
第3章では、「SN比入門
として、入出力の関係をもつ動特性の2乗和の分解、動特性のSN比、その計算手順、望目特性のSN比、その他の静特性のSN比などについて計算例を挙げて解説しています。


第4章では、「機能性評価とSN比
として、設計段階で製品に要求されている機能だけでなく、機能を果たすために取られている技術的手段が、種々のノイズの下で安定して機能するかどうかを評価するための、機能性評価のためのSN比の計算について、誤差の調合と2乗和の分解、調合誤差がある場合の2乗和の分解とSN比、基準点比例式によるSN比などについて計算例を挙げて解説しています。


第5章では、「パラメータ設計入門
として、機能の安定性の改善、安定性の良い設計を進める方法として、成型の最適化の例について、SN比がよくなる制御因子の組合せ条件を見出すパラメータ設計の基本を解説しています。パラメータ設計の標準的な手順として、L18直交表による実験のわりつけ等を解説し、金型寸法と成型品寸法の関係式について、実際の型設計での収縮率の推定などを解説しています。またこの章の注で代表的な直交表、とくに3水準系について解説しています。


第6章では、「パラメータ設計による設計研究
として、機能の安定性の改善、安定性のよい設計を研究する方法としてのパラメータ設計の機能のバラツキをSN比で改善し、目標値への調整を後で行うような方法による2段階設計などの設計研究への応用について解説し、さらにテストピースによるスクリーン印刷の設計研究の事例について解説しています。


第7章では、「目的機能のSN比と合わせ込み
として、リニアな関係がない場合にも目的機能の特性を取り扱える標準SN比についてどのような機能性評価を行うかをアノード電流の機能性評価、スライディングによる水準値の設定、外側のわりつけとデータ、標準SN比の最適条件、目的機能へのチューニングといった事例について解説しています。


第8章では、「シミュレーションによるパラメータ設計
として、理論式やシミュレータによるシミュレーションを活用したパラメータ設計について、電源回路のパラメータ設計、プリンタカラーリボンのシフト機構の設計などの事例について解説しています。


第9章では、「計測誤差とSN比
として、計測分野に関するSN比の取扱を解説しています。計測器による計測誤差とSN比について、計測の誤差、計測分野のSN比に必要な3要素(校正式の種類、信号因子の取り方、誤差因子の取り方)、実物による信号因子の代表例、さらにサイレン用ホーンスピーカーの製造の事例を取り上げ、パラメータ設計による計測のSN比改善の手法などを解説しています。


第10章では、「製造工程の管理
として、オンライン品質工学による工程水準維持ならびに故障予防などの工程管理の概要と製品特性による工程管理、合格・不合格による工程管理、オンラインとオフラインなどについて解説しています。


品質工学の創始者によるMT法(マハラノビス・タグチ)を除いた品質工学についてこれから学ぼうとする技術者にまさに扉を開いてくれる教科書です。


ベーシック品質工学へのとびら
日本規格協会
田口 玄一(著)横山 巽子(著)
発売日:2007-09
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:16461


なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 品質工学概論
第2章 生産現場における品質水準の評価と改善
第3章 SN比入門
第4章 機能性評価とSN比
第5章 パラメータ設計入門
第6章 パラメータ設計による設計研究
第7章 目的機能のSN比と合わせ込み
第8章 シミュレーションによるパラメータ設計
第9章 計測誤差とSN比
第10章 製造工程の管理





にほんブログ村 本ブログへ



(広告)

ビジネス英会話 クリダス

JAOS認定留学カウンセラー 養成講座

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo