GHSというのは、『Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals:化学品の分類および表示に関する世界調和システム』の略称です


GHSは、国連が中心になり国際的な導入を推進している化学物質について、世界的に統一されたルールに従って、化学品を危険有害性の種類と程度により分類し、その情報が一目でわかるよう、ラベルで表示したり、安全データシートを提供したりするシステムのことです。
詳細には、環境省のGHSのページに分かり易く解説されています。)


ご存じのようにこれに沿って既に、化学物質等に係る表示及び文書交付制度の改善を図ることを目的として、新たに対象に危険物を加えること、絵表示等を表示すべき事項とすること等を含んだ改正労働安全衛生法が、平成18年12月1日から施行されています。


この改正労働安全衛生法第57条及び第57条の2で、表示及び文書交付の対象物についての「GHSモデルラベル表示」及び「GHSモデルMSDS情報」が規定されています。


ところでアメリカ化学会の下部組織CASが発行している化学および関連分野の文献抄録誌のCA(ケミカルアブストラクト)に登録されている化学物質は、200万種を越えていますが、市場で利用される、例えば、我が国で使われている化学物質は、約10万種と言われています。


本日は、このGHS(化学品の分類及び表示に関する国際調和システム)及び表示・文書交付制度(厚生労働省)に対応した化学物質の取扱いについて解説している本を紹介します。


化学物質の有害性・危険性から身を守る方法をはじめ化学製品の表示とその読み方などについて分かり易く解説しています。


本書の「はじめに」で著者も言及していますが、本書は、『何らかの形で工場、土木建築現場、流通関連施設、販売施設、教育・研究施設、事務所等で化学物質・化学製品を取り使う可能性のある方、家庭で化学製品を使う方、これから化学薬品等を実験・実習等ではじめて使用する学生』などの読者を対象に分かり易く化学物質の有害性・危険性から身を守る方法について重点を置いたとのことです。


本書:「化学物質取扱いマニュアル」です。


GHS(化学品の分類及び表示に関する国際調和システム)対応」並びに


「表示・文書交付制度(厚生労働省)対応」


との副題が付いています。


本書は、亀井 太 氏の編纂にて、労働調査会 より2007年10月に発行されています。


本書の表紙には、GHSで使用される爆発、炎、ボンベなどの絵文字が記載してあります。これらの詳細は、巻頭カラー図版で資料1:GHSに使用される絵文字解説、資料2:国連危険物の輸送に関する勧告モデル規則、資料3:図表時早見表(1.図柄別分類、2.色別分類)としてまとめられています。


本書は、2部から構成されています。


第1部:「身近な化学物質に関する知識と管理方法」では、以下の3つの章から構成されています。


第1章では、「化学物質の危険性・有害性とは
として、化学物質はなぜ危険かとの話から、化学物質による健康障害・事故の防ぎ方、化学物質の有害性、化学物質の有害性・危険性の意義と絵文字の例((1)健康有害性、(2)危険性)といった内容で、とくに化学物質の有害性・危険性の意義と絵文字の例に重点を置いて解説されています。


第2章では、「実際の問題発生事例とその解決法
として、災害事例1:「塩素系洗剤と酸性洗剤の混合使用で呼吸困難に」などの5件の身近な化学物質の事故の事例についてイラストも交えてその原因か類似の事故を予防する方法などの解決法も含めて解説しています。


第3章では、「身近な化学物質の日常管理のポイント
として、身近な化学物資の保管から換気などの日常管理に始まり、家庭から職場、更には予期せず発生する身の回りの化学物質についての取扱、さらに化学物質から身を守るための「口に入れない、唇に触れさせない」などの10項目の留意事項が解説されています。


第2部:「図解で見る実際の化学製品の表示とその読み方」では、以下の2つの章から
として、構成されています。


第4章では、「化学品の表示の読み方
では、GHSの図表示について、ラベル表示の読み方、絵文字の読み方、MSDSの読み方について、分かり易く解説されています。


第5章では、「主な化学物質の表示例
として、GHSの例として、【次亜塩素酸カルシウム】など5つの化学物質について、またMSDSの例として、【ホルマリン】の例が取り上げられ、解説されています。



化学物質取扱いマニュアル―GHS(化学品の分類及び表示に関する国際調和システム)対応表示・文書交付制度(厚
労働調査会
亀井 太(編さん)
発売日:2007-10
発送時期:通常3〜5週間以内に発送
ランキング:116192


なお本書の目次は、以下の内容です。
【巻頭カラー図版】
第1部 身近な化学物質に対する知識と管理方法
 第1章 化学物質の危険性・有害性とは
 第2章 実際の問題発生事例とその解決法
 第3章 身近な化学物質の日常管理のポイント
第2部 図解で見る実際の化学製品の表示とその読み方
 第4章 化学品の表示の読み方
 第5章 主な化学物質の表示例
参考資料1 化学物質の表示・文書交付制度の概要
参考資料2 GHS付属書7 GHSラベル要素の配置例





にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


FreeStyle II


ボーズ・インイヤーヘッドホン


「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo