廃棄物および清掃に関する法律」の法令から、施行令、施行規則、更には、関連する条例も含めて産業廃棄物の処理にまつわる法令は、その成立してきた経緯も含めてなかなか複雑な体系になっています。、


しかしながら万が一にも不法投棄などの問題が発生すると排出事業者の責任が求められます。


排出した企業自体は、全く違法行為を行なっていなくても責任を取らなければなりません。


時として、数千万円にも及ぶ莫大な負担を負い、大きなダメージを受けてしまう場合もあります。


  • Q:「産業廃棄物と有価物との区別の判断はどのようにしたらよいか?

  • Q:「マニフェストが返送されない場合はどのように対応したら良いか?

などの産業廃棄物の処理の担当者が解説書や法律だけでは解決できない疑問や知りたいと思うような実務的な事柄についてイラストなどの図表を用いて分かり易く71のQ&Aを通して産業廃棄物の処理について解説している本を紹介します。


本書:「産廃処理の実務がわかる本」です。


本書は、著者:(株)ユニバースにて、2008年4月に日本実業出版社より発行されています。


(株)ユニバースは、「図解 産業廃棄物処理がわかる本」(ISOの本棚でも紹介)の本を発行したジェネスグループの環境問題専門のコンサルティング会社で、本書では、同社のセミナーやコンサルティングの受講者やクライアントから寄せられた質問や疑問を参考にしてまとめられたとのことです


本書の帯には、以下のように書かれてあります。


Q.マニフェストを業者が紛失!


再発行してOK?


A.答えは本書126ページに


実務上で起こる困った問題も本書があれば即解決!



本書は、最初に見開きで写真を交えて『産業廃棄物の流れをマスターする!}との排出事業者から最終処分への処理の流れが図解してあります。


「はじめに」に続いて、「産業廃棄物担当者のタイプ別診断」というのが掲載されています。YES、NOで分岐していくと5つのタイプが載せられています。タイプ別に陥りやすい課題とアドバイスがあります。また次に産業廃棄物処理の主な法律の成立から社会・事件と対比して、清掃法から廃掃法へと至る主要な改正の流れのポイントがまとめてあります。


本書は、7章から構成され二色刷でメリハリのある説明となっています。この章立ては、セミナー等で現場の産業廃棄物担当者が抱く代表的な疑問や質問を区分するとこのような内容になるとのこと。


このQ&Aは、1項目について何ページかに及ぶ内容もありますが、多くは、見開きの2ページ等で質問のタイトルについて、回答として何項目かに及ぶ説明が続き、説明に関して、イラストなどの図表で解説を補完するといった展開になっています。なお法令への対応は、2008年3月末現在に対応したものとなっています。


第1章では、「産業廃棄物の区分を完璧に理解しよう!」
として、『1-1 排出事業者責任:「排出事業者責任」とは何か』などの11件のQ&Aが取り上げられています。


第2章では、「自社が排出した産業廃棄物が処理される流れを知っている?」
として、『2-1 産業廃棄物の処分:「最終処分」とは何か?』をはじめとした12件のQ&Aが取り上げられています。


第3章では、「産業廃棄物に関わる行政の仕組みを知ろう!」
として、『3-1 政令市:廃掃法における「政令市」とは?』をはじめとした11件のQ&Aが取り上げられています。


第4章では、「トラブルを起こさないための契約書の知識
といて、『4-1 契約の形態:収集運搬と処分を別々の処理業者に委託する際の契約は?』をはじめとした6件のQ&Aが取り上げられています。


第5章では、「産業廃棄物の流れを管理するマニフェストについて理解しよう!
として、『5-1 マニフェストの書式:紙マニフェストはどのように作成すればよいか?』など10件のQ&Aが取り上げられています。


第6章では」、「適正な委託業者を選ぶための施設確認のやり方
として、『6-1 実務的に必要な施設確認:排出事業者は処理委託先の現地確認等を行なう必要があるか?』などの11件のQ&Aが取り上げられています。


第7章では、「産業廃棄物に関わる罰則と、注意すべき実務のポイント
として、『7-1 不法投棄に対する責任の有無:委託処理業者が不法投棄を行なった場合の排出事業者の責任は?』から『7-10 隣接する事業場の産業廃棄物の取扱い:2つの事業場の産業廃棄物をまとめて保管してもよいか?』に至る10件のQ&Aが取り上げられています。


本書は、産業廃棄物の処理に関して実務的に分かり易く記載されています。産業廃棄物処理の担当者の方には、ハンドブック的に手もとにおいて疑問を感じた際にその箇所を拾い読みしても良いと思いますし、産業廃棄物の実務について勉強する上でも大いに役立つと思います


産廃処理の実務がわかる本
日本実業出版社
(株)ユニバース(著)
発売日:2008-04-10
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:36881

なお本書の概要目次は、以下の内容です。
第1章 産業廃棄物の区分を完璧に理解しよう!
第2章 自社が排出した産業廃棄物が処理される流れを知っている?
第3章 産業廃棄物に関わる行政の仕組みを知ろう!
第4章 トラブルを起こさないための契約書の知識
第5章 産業廃棄物の流れを管理するマニフェストについて理解しよう!
第6章 適正な委託業者を選ぶための施設確認のやり方
第7章 産業廃棄物に関わる罰則と、注意すべき実務のポイント





にほんブログ村 本ブログへ


「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo