株式会社武蔵野 代表取締役社長の小山昇氏。


20年前に小山氏が株式会社武蔵野の社長に就任したときは、社員数が16名の(社長言うところの)落ちこぼれ集団。


しかし今では、年商35億円。2000年度に日本経営品質賞、2001年度に経済産業大臣賞、2004年度には経産省が推進する「IT経営百選」の最優秀賞を受賞する優良企業に。


小山社長は、「強い会社をつくりなさい」(「ISOの本棚」で紹介)、「「儲かる仕組み」をつくりなさい」、「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」、「「やらないこと」から決めなさい」などの多数の著作でもよく知られています。


その間に社長が徹底して心掛けたのが、人の「採用」と「教育」の問題とのこと。


小山社長の100%現場に根ざした経営ノウハウをナマで学ぼうと、全国から中小企業の経営者が勉強会に訪れるとのこと。


また中小企業の経営サポート事業の実践経営塾や、各地で年間120回及び実施されている講演・セミナーも人気を集めている。


昨今、小山社長が経営サポート事業の会員の中小企業社長から相談される悩みごとでも人材の採用人材育成の問題が目立っているとのこと。


<<ポイント>>
採用教育こそが会社を強くする!


中小企業が儲かる会社になるための「採用」と「教育」のノウハウを初公開!


このカリスマ社長が、「小さな会社は「いい人が来ない、育たない」は大間違い! 」であるとし、30年の社長業の中で身を削って体得してきた「採用教育」の極意:(失敗しない採用ステップ新卒採用および中途採用の注意点、社員が辞めたくならない仕組みの作り方など、中小企業の「採用」と「教育」のノウハウ)を徹底して公開している本を紹介します


なお同社は、今では、4年で新卒が35人入社して1人しか辞めず、会社説明会はいつも満席になるほどの人気企業に!。 その「採用」と「教育」のノウハウについて、実践経営塾の企業:24社の事例も交えて公開しています。


本書:「辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる! 」です。


人に苦労しない強い会社のつくり方」との副題が付いています。


本書は、著者:小山 昇氏にて、2008年8月にあさ出版より発行されています。


辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!
あさ出版
発売日:2008-08-19
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:6
おすすめ度:4.0
おすすめ度3 的を得た物が多い
おすすめ度3 採用
おすすめ度5 採用を考えている社長さん必読です
おすすめ度4 採用するときに気をつけることとは?
おすすめ度5 必読書

<<本書のエッセンスの一部>>


本書の帯には、以下のように書かれています。


大学3年生とその親には知られたくない採用のノウハウを初公開!

24社の事例付!

小さな会社は、「いい人が来ない、育たない」は、大間違い!」


本書の「はじめに」で「採用」と「教育」についての中小企業の社長の取り組むべき課題を以下の2つとずばり断言しています。この2つができると会社は、ガラリと変わると。


  1. 優秀でなくても、自社に合って、なおかつ簡単に辞めない人材を採用する。
  2. 社員教育を徹底して、既存社員も含め、それなりの社員を仕事がデキる人材へと成長させる。

本書のざっとした内容としては、中小企業経営における人材育成の重要性を再確認するといった「どうして中小企業は人に困るのか」とした序章にはじまり、第1章では、逆説的ながら「優秀な人材は、会社をダメにする」と漠然とした優秀な人材というのではなく、自社の風土や社長の方針に合致した人材を採用するとの視点を強調しています。


第2章では、「失敗しない採用で、会社は強くなる」と題して、以下の6つのステップで進める採用のポイントを鋭く説いています。(1.採用計画を立てる、2.人を募集する。3.書類選考でウソを見抜く、4.筆記試験で適性や価値観を見極める、5.面接で自社に合う人を見抜く、6.採用/不採用の判定・通知)。このあたりの展開は、日本電産の永守社長の人材採用論とのある種の共通点も感じます。


第3章では、「新卒に「ここで働きたい」と言わせる採用活動」と題して、特に新卒採用のポイントに重点化してそのノウハウを語っています。また4章では、「即戦力!中途採用はここに注意せよ」と題して、小山流とも言うべき独自の中途採用のノウハウについて語っています。さらに第5章では、仕事ができる社員へと成長させる人材育成の考え方について、第6章では、人材育成に関わる仕組み面でのポイントを説いています。


<<本書で何が学べるか?>>


儲かる強い会社をつくるための人の「採用」と「育成」について、自ら実践し、また成果を挙げた実践経営塾の事例も交えて小山流のその企業経営哲学を語っています。


人が最大の経営資源であることは、組織の大小を問わず普遍の真理。


人間の特質を鋭くとらえた説得力ある中小企業の人材論が展開されています。


<<まとめ>>


中小企業の経営者や人事担当者向けに本書を書いたとのことですが、人材に悩んでおられる経営者には、是非、ご一読をお薦めします。


これもセールストークなのでしょうが、「最近の賢い学生が読んだら、就職活動にうまく利用される懸念があるので、学生に漏らさないように」などと書かれていますが、就職される学生や転職を考えておられる方には、このような経営者サイドの「採用」と「育成」の考え方もあると参考になるかと思われます。


なお本書の概要目次は、以下の内容です。
序 章 どうして中小企業は人に困るのか?
第一章 優秀な人材は、会社をダメにする!
第二章 失敗しない採用で、会社は強くなる
ステップ1 採用計画を立てる
ステップ2 人を募集する
ステップ3 書類選考でウソを見抜く
ステップ4 筆記試験で適性や価値観を見極める
ステップ5 面接で自社に合う人を見抜く
ステップ6 採用/不採用の判定・通知
第三章 新卒に「ここで働きたい」と言わせる採用活動
第四章 即戦力! 中途採用はここに注意せよ
第五章 社員を育てない会社に未来はない
第六章 社員が辞めたくならない仕組みを作る






にほんブログ村 本ブログへ



(広告)



「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo