原材料の相次ぐ値上げ。


そして、ますます激化するグローバルな競争環境の中、簡単に製品価格に転嫁してと言うわけにはいかない状況。


これまでも製造部門挙げて、乾いたぞうきんをなお絞り、かつ爪に火を灯して経費節減やコストダウンを進めて来ている。


もはや製造現場のみが改善活動で孤軍奮闘しても利益確保がままならないといった状況かと思われます。


それでも、企業が生き残り、さらに持続的に発展させていくためには、無責任にギブアップはできません。


いま、あらためて業務を総合的に見直し、全部門が連携してコストダウン活動を進める必要性が高まっています。


企業繁栄に関わる考え方の原則は、安岡正篤氏も何かの本で言っていたと思いますが、「根に返る」とのことで、いたずらに枝葉を伸ばしては駄目で、幹を逞しくし、根を深く養う、根に返ることが基本と思われます。


要は、コストダウンの原点:基本に立ち返り、そこをしっかりと養うことが今こそ大切と思われます。


本日は、利益を出すためのコストダウンの根っこの部分となる基本の解説からはじまり、各部門のコストの仕組みを把握し、連携させ、さらに一段上のコストダウンを実現させる手法を解説している本を紹介します。


本書では、コストダウンの根っこの部分の多様な考え方を教科書的に概観しています。


コストダウンの処方箋なるものは、まさに千差万別、そこで、この本で概観されている方法を自社向きにアレンジして活用するといった使い方が実務的。


<<ポイント>>


筆者がコンサルタントとして経験した約100社のコストダウン活動の基本を概観。


本書では、製造業のすべての業務について、そのコスト発生のメカニズムから、調達先開拓、原価企画といった実践まで、見開き2ページ展開でわかりやすく解説しています


本書:「利益を出す コストダウンがわかる本」です。


本書は、著者:堀口 敬 氏にて、2008年8月に日本能率協会マネジメント 出版情報事業 より発行されています。


利益を出す コストダウンがわかる本
日本能率協会マネジメント 出版情報事業
発売日:2008-08-20
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:35999

<<本書のエッセンスの一部>>


本書の表紙に本書の特長について以下のように書かれています。


  • コストダウンについての基礎知識が身につく
  • あらゆる業務のコスト発生の仕組みがわかる
  • 見える化など問題解決力がレベルアップする
  • 企業全体と各業務との関係がはっきりする
  • グループ活動の活性化に役立つ

本書は、11章から構成されています。各章の終わりに設けられたColumn欄では、「コストダウンと付加価値アップ」といったトピックスが取り上げられています。


「会社をお金の流れで見るとどうなるか」(1-1)といったタイトルに対して、見開きの2ページで解説されています。右側のページでは、その解説文が、左側のページでは、イラストなどの図表が掲載され、解説文を補完するという構成です。


第1章で、コストダウンの基本について、13項目。


第2章では、購買に関わるコストダウン活動について11項目。


第3章では、アウトソーシングによるコストダウンについて6項目。


第4章では、設計に絡むコストダウンが14項目。


第5章では、開発費用に関わるコストダウンが6項目。


第6章では、現場改善の取組によるコストダウンが15項目。


第7章では、在庫削減によるコストダウンが9項目。


第8章では、物流費のコストダウン手法を取り上げ4項目。


第9章では、間接業務のコストダウン手法が4項目。


第10章では、コストダウンのための管理手法の解説が8項目。


第11章では、精密機械業界(電気回路設計)から設備産業まで11業種のコストダウンの方法について11項目。


が取り上げられて解説されています。


<<本書で何が学べるか?>>


コストダウンに関わる「根っこ」となる基礎的な知識が整理されています


コスト発生のメカニズムとどこをボトルネックとして取り組むのが良いかとの着眼点が学べます


組織の各部門に関わるコストの全体的な位置づけが理解できます。


コストダウンのためのプロジェクトチーム等のモチベーションが向上できるかと思われます。


<<まとめ>>


本書は、製造業でコストダウンの基本をレビューしてみたいと考えておられるビジネスパースンには、お薦めです。


なお本書の概要目次は、以下です。
第1章 コストダウンの基本
第2章 購買によるコストダウン
第3章 アウトソーシングによるコストダウン
第4章 設計のコストダウン
第5章 開発費のコストダウン
第6章 現場改善によるコストダウン
第7章 在庫削減によるコストダウン
第8章 物流費のコストダウン
第9章 間接業務のコストダウン
第10章 コストダウンのための管理手法
第11章 業種別のコストダウン





にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


Dell-個人のお客様ページ


デル株式会社


「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo