どこの書店でも松下幸之助さんの書籍を取り上げたコーナーなどが設けられているのを目にします。


松下幸之助さんの本から何かを得たいとする読者のニーズが強いことを受けてのことと思われます。


いま、なぜ松下幸之助さんなのかという点は、現下の危機的な不況下で「経営の神様」からその経営ノウハウを学びたいということに尽きるかと思います。


またその著作は、経営論、人生観、処世論を含め、その量が圧倒的に多く幅広い階層の読者のニーズに応えられているということもあると思います。


PHP総合研究所の経営理念研究本部が「松下幸之助さんの生涯」、「松下経営哲学」、「見方・考え方」さらには「名言」といった「経営の神様」のエッセンスをまとめた本を紹介します。


本書の「今、なぜ松下幸之助を知るべきなのか-はじめに」において、本書の意図について以下のように述べています。


松下幸之助という人物について、企業経営者としての側面に偏ることなく、その行き方、ものの見方、考え方の基本を紹介できればという意図でまとめた。


そして、…。

社会の理法や自然の摂理から芽生えてくる経営理念は、活用の仕方にはその時々の情勢によって多少の変化はあるであろうが、基本においては永遠不滅といっていい

 いいかえれば、人間の本質なり自然の摂理に照らして何が正しいかということに立脚した経営理念は、昔も今も将来も、また日本においても外国においても通じるものがある。」


との松下幸之助さんの言葉を紹介した上で、松下幸之助さんの著書や関連書籍から経営手法を手っ取り早く得て、現下の経営を成功に導こうとしても難しいだろうとし、松下幸之助さんの「『あいつうまいことやりよる、おれもあのとおりやろう』といって、やれませんわ。」という言葉を引いて、以下のように述べています。


「何が正しいか」を一生にわたって求め続けた幸之助の姿勢や生きざま、基本の考え方から学ぶべきことは大いに違いない

そこから、個人の人生でも、ビジネスでも、あるいは政治に関わる際にも、基本からブレることのない行き方を実践できるようになるのではないだろうか


<<ポイント>>


松下幸之助さんの姿勢、生き様、基本の考え方などのエッセンスを厳選し紹介した本


松下幸之助さんの人生は決して、順風満帆だったわけではなく、金融危機、資金繰りの悪化、人員削減の危機、…といった各局面で「経営の神様」はどう考え、どう行動したのかがよく分かるエピソードが紹介されています。


またその経営論、人生観、名言などから心に響く哲学が取り上げられています。


人間・松下幸之助さんの素顔がわかるエピソードも厳選され紹介されています。


本書:「一冊でわかる! 松下幸之助」です。


一代で世界的企業を創り上げた経営者の生涯と成功哲学」との副題が付いています。


本書は、PHP総合研究所 の編著にて、2009年4月に同社の「PHPビジネス新書」の一冊として発行されています。


一冊でわかる! 松下幸之助 (PHPビジネス新書)
PHP研究所
PHP総合研究所(編集)
発売日:2009-04-17
発送時期:在庫あり。
ランキング:60664
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 意外と順風満帆でなかった「経営の神様」の生涯

<<本書のエッセンスの一部>>


本書の帯ならびに表紙カバーの折り返し部には、以下のように書かれています。


金融危機、売上不振、

資金繰りの悪化、

取引先との意見の衝突、

人員削減の危機……

その時「経営の神様」は

どう考え、どう行動したのか?


  • 赤字は罪悪である」---利益確保の重要性
  • 景気よし、不景気さらによし」---景気に一喜一憂しない経営
  • ガラス張り経営」---積極的な情報開示
  • 景観保全の重要性」---観光立国と環境保護を唱える

今なお新しい、松下幸之助の見方・考え方


本書は、5章から構成されています。


ごく簡単に概要を紹介します。

各章の最初の頁の表題の所には、松下幸之助さんの折々の写真が簡単な紹介文と共に掲載されています。

本書の要所要所に「肩もみと出世」といった『エピソードで読む松下幸之助』の興味深いトピックスが 8 件挿入されています。

第1章では、「松下幸之助の生涯
と題して、幸せな幼少期から奉公・修業時代まで/勤め人時代/独立から終戦まで/試練、復活、そして飛躍/憂国の思いはやまず という5つの節で区切って、明治27年の誕生から平成元年に94歳で亡くなられるまでの60の波瀾万丈の生涯でも際だった出来事が関係する写真やエピソードとともに綴られています。

現代の太閤さんといった智恵と才覚でとんとん拍子で成功を重ねていったという一般にもたれているようなイメージとは違って、順風満帆とはいえない苦闘や停滞の中から道を切り開いていったという実像が生き生きと伝わり、経営哲学がどのように固められていったかといった側面が実感できます

第2章では、「「松下経営哲学」を知る
と題して、松下幸之助さんの経営哲学について、「衆知を集めた全員経営」、…「適材適所の経営」といったその経営哲学を象徴しているキーワードについて、その関連する語録を交えて解説しています。

例えば、「周知を集めた全員経営」について、それは、どのようなものなのか、どのようにして行うのか、これについての松下幸之助さんの考え方や、どのように発言されているかかといった要点についてエピソードや多くの語録を凝縮して紹介しながら解説しています。

第3章では、「松下幸之助の「見方・考え方」
と題して、松下幸之助さんの自然・宇宙・人間観/政治観/国土観/教育・福祉観に関する「見方・考え方」を解説しています。


これらの「見方・考え方」がどのようなもので、どのようにして培われてきたかがよく分かる展開になっています。


第4章では、「松下幸之助の名言
と題して、松下幸之助さんの幾多の名言のなかから、「1.赤字は罪悪である」から「15.物をつくる前に人をつくる」といった比較的知名度が高いと思われる15の言葉を取り上げ、1頁でその言葉の背景にある考え方、目指したところは何であったのか等について解説しています。


<<本書で何が学べるか?>>


本書では、松下幸之助さんに並外れた熱心さで、確固たる理念と信念を構築し、いつでもいかなる時でも「ブレる」ことなく、自らがやるべきと決めたことを断固実行し、「正しい」と考えることを継続的に蓄積し、人間としてのスケールアップを図ってきた人生哲学がその時代とともに明確に描き出されています


新書版のボリュームに松下幸之助さんのすべてが濃く凝集されているお買い得の本です。


<<まとめ>>


本書には、この不透明で危機の時代を生き抜くヒントが満載されています。


新鮮な気づきが得られると思います。


多くの人に読んで頂きたい一冊です。


なお本書の主要目次は、以下の内容です。
第1章 松下幸之助の生涯
1.幸せな幼少期から奉公・修業時代まで
2.勤め人時代
3.独立から終戦まで
4.試練、復活、そして飛躍
5.憂国の思いはやまず
第2章 「松下経営哲学」を知る
1.経営理念の確立―経営に「魂を入れる」もの
2.衆知を集めた全員経営―幸之助が実践していた「従業員の声を聞く姿勢」
3.ガラス張り経営―会計情報もノウハウも積極的に公開
(略)
10.適材適所の経営―ときには「思い切ってやらせてみる」ことも必要
第3章 松下幸之助の「見方・考え方」
1.松下幸之助の自然・宇宙・人間観―壮大なスケールの人間哲学
2.松下幸之助の政治観―経営者の視点から「国家経営」を提唱
(略)
4.松下幸之助の教育・福祉観―”精神的な援助”の重要性
第4章 松下幸之助の名言
1.赤字は罪悪である
2.苦情から縁が結ばれる
(略)
15.物をつくる前に人をつくる



にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


ジャパネットたかた:WEBチラシ


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング


「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo