テレビでもおなじみのワタミ(株)の創業者で会長の渡邉 美樹 氏がリーダー論を説いている本です。


なぜワタミは厳しい組織であり続けるのか?」と題した本書の「はじめに」で筆者は、「ワタミという会社は実力主義の厳しい会社」との世間のイメージについてその通りとした上で、以下のように述べています。


「その人に愛情を持ち、本当に育って欲しいと願っているのなら、ここは厳しく言っておくべきだ、などという判断が自然と生まれてくるものだ。

もちろん、ここはやさしく接するべきだというときもある。つまり必要な時に必要な接し方をする、それだけのことだ。

「叱れない上司」が増えているのは、相手のことを考えず、自分のことばかり考えているからではないだろうか。

自分が嫌われたくないから、叱ることができない。つまり、そのやさしさというのは実は自分を愛するがゆえのずるさであり、実は相手のことを思っていない薄情さなのだ

 また「実力主義」という言葉に対しても、多少誤解があるかも知れない。

実力主義というとお金を儲けてくる人や仕事を取ってくる人に高い給料を与え、稼げる人を重視し、そうでない人を格下の存在として扱う、そんな制度だと思われているかも知れない。

 ワタミの実力主義はそれとは違う。その企業の目的---「一人でも多くのお客様に幸せな飲食の機会を提供したい」とか、「高齢者の方に幸せな老後を提供したい」という目的に向かって、誰がどの仕事をしたら一番いいかということを冷静に考え、役割分担することなのである。」


<<ポイント>>


ワタミ(株)の会長の渡邉 美樹氏が説くリーダー論


渡邉氏は、2009年6月に社長を退き会長に就任すると共に大きく組織変更をしています。


創業者のリーダーシップがなくても、自律的に成長し、100年続くような企業になる」ことを目指してのステップ。


本書では、渡邉氏がこれまで続けてきた組織のつくりかた人材の育て方についての考え方から今回の組織変更の背景、とくにトップ、あるいは、トップ層などリーダーに求められる覚悟といった点までの「組織論」を語ると共に、


実際の部下指導においての「戦う部下」を育成するためのリーダー力のポイント等について説いています。


本書:「「戦う組織」の作り方」です。


リーダーの覚悟が、人と会社をここまで強くする!」との副題が付いています。


本書は、著者:渡邉 美樹氏にて、2009年6月にPHP研究所より「PHPビジネス新書」の一冊として発行されています。


「戦う組織」の作り方 (PHPビジネス新書)
PHP研究所
発売日:2009-06-19
発送時期:在庫あり。
ランキング:172
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 現場が大切な事が
おすすめ度3 渡邊会長の薫陶に受けたい方にはお勧めです。
おすすめ度5 かなり本音の人材論
おすすめ度5 大きな啓蒙

<<本書のエッセンスの一部>>


本書の帯ならびに表紙カバーの折り返し部には、以下のように書かれています。


「ほめて伸ばす」全盛の時代にあえて問う

厳しくも痛快なリーダー論!

好業績の続く今、なぜ渡邉 美樹は社長を退いたのか?

会長就任後初めての著書でその「壮大な理由」が明かされる!

叱れない上司」必読

厳しくも公正なリーダーになるための「覚悟」と「具体的方法

を自身の体験から熱く語る!


本書は、4章から構成されています。


第1章~第3章までが、経営者としての視点からの渡邉氏が今回、社長を退き会長に就任すると共に大きく組織変更したことをめぐって、それが「100年続く強い組織」を目指してのものであることや、成長を続ける「戦う組織」をどうやって築き上げてきたか「強い組織」のつくりかたについて論じ、組織を引っ張ることのできる「戦うリーダー」の渡邊流というべき育成論といった内容となっています。


また第4章は、現場視点に立脚して、「戦う組織」の作り方と戦う部下育成ができるリーダー力のポイントについて説いた内容となっています。


断片的になりますが印象に残った箇所を紹介します。


「人は誰しも老いる。経営者も歳をとると、だんだんと勘が外れだしていく。また時代が変わっているにもかかわらず、過去の成功パターンに固執するようになる。

これはお客様との接点が多く時代の変化に敏感でなくてはいけないサービス業や流通業においては特に致命的なことだ。(略)

 創業社長が自らの地位に恋々とすることは、会社を短命に終わらせてしまい大きな要因となる

それはこれまでの経営史なり企業史なりの歴史も証明しているところだ。」

「では、経営者はこうした「先を見通すアンテナ」をどのように得ればいいのであろうか?

ワタミは外食からスタートし、介護、宅配弁当、農業など次々に新しいビジネスに参入していっている。

だから私はよほど先を見通す能力がある人間に見えるかしれないが、決してそうだとは言い切れない。

正直、これから参入すべき新規事業が何かということも、今の段階では全く見当も付いていない。

だが、今までのことを考えてみると、「世の中を変えるために、今どんな事業が求められているのだろうか」とか、「自分たちの力を発揮できるのはどんな分野なのだろうか」といったことを一生懸命考えているうちに、社会に対するアンテナが立ち、向こうの方から出会いがやってくるものだということを実感している。」


「私は、トップは常に戦場の最前線で戦わなくてはいけないと考えている。

ワタミでいえば、「外食」「介護」「宅配弁当」「農業」とさまざまな分野に戦線が広がっているが、その中で戦略的に今もっとも重要だと思われる戦場を選んで、自らが第一線に立つことが大切なのだ

自分一人が安全地帯にいて、いくら部下に「戦え!」と命じたところで、本気になって戦ってくれるはずがない。」

「私は、戦う組織のリーダー育成の最大のポイントは「追い込むこと」だと思っている。

「おまえの後ろには誰もいない。

このミッションは、おまえが成し遂げなければほかに成り遂げられる人間は誰もいない」という状態にリーダーを追い込むのだ。

 100の力がある人間に100の仕事を与えても手を抜かない限りはその仕事をこなすここができる。

 ところが120の仕事を与えると、100%の力を発揮しても、その仕事を全うすることができなくなる。

リーダー候補の人間には、そういう120%の課題をわざと与えて追い込んでいくわけだ。」


リーダーに求められるのは。部下を育てながらチーム力を高めていくこと。


そのためには、環境ときっかけを提供するのが大切と説いています。


またリーダー自身が夢やビジョンを示せること、渡邊氏自身は、従業員が300人以下だった時代には、授業員と手紙できめ細かなつながりを持ったとのこと、さらにリーダーの心構えとして、自分を超える優秀な部下を育てる器の大きさを持つ心がけが大切と説いています。


また安岡 正篤 氏の以下の「思考の3原則」をリーダーの心構えとして説いています。


  1. 目先にとらわれないで、できるだけ長い目で見ること
  2. 物事の一面にとらわれないで、できるだけ多面的に、でき得れば全面的に見ること
  3. 何ごとによらず枝葉末節にとらわれず、根本的に考えるということ

以上ほんの一端を紹介しましたが、リーダーとしてのあるべき正論を分かり易い言葉で丁寧に説いており、渡邊氏の普遍的な人間愛のようなものが実感できるような内容となっています。


本書では、「厳しい」との表現がありますが、そうではなく実は、『熱心である』のだということを痛感できる内容になっています。


渡邉さんのリーダーとしての熱心さが滲み出た内容に松下幸之助さんの著作を読んでいるような彷彿とさせるような展開を感じました。


<<本書で何が学べるか?>>


本書では、ワタミ(株)の会長の渡邉 美樹氏が説く組織論企業観リーダー論を分かり易く熱く説いています


<<まとめ>>


経営者からマネジャーまでリーダーとして部下を持つ立場の人には、本書は読んで頂きたい一冊です。


なお本書の目次は、以下の内容です。
はじめに なぜワタミは「厳しい」組織であり続けるのか?
第1章 100年続く「強い組織」を作るために
第2章 成長を続ける「戦う組織」の作り方
第3章 組織を引っ張る「戦うリーダー」の条件
第4章 「戦う部下」を育てるリーダー力の磨き方
リーダーの資格とは?―「俺が育ててやる」と思うのは大きな自惚れ
リーダーに求められる仕事とは?―部下の不出来をなじるのは上司の怠慢に過ぎない
「叱れない」「嫌われたくない」では上司失格―リーダーのほめ方&叱り方
厳しくも公正な部下評価を―○×をつけるのではなく、人を育てる機会として
リーダーが身につけておくべき「力」とは?―苦い経験を重なるからこそ、成長がある
仕事をする上での「幸せ」とは何かを考える―悩み多き時代に「夢」を持つことの重要性エピローグ ワタミを支えるのは「人」である






にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


午後3時からお得に入場「サマー・トワイライト・パス」


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo