ISO(ISO9001 (品質マネジメント)、ISO14001(環境マネジメント)、ISO19011(マネジメントシステム監査))の3つのマネジメントシステムについて『6コママンガ』で見てわかるように解説しているISOマネジメントシステムの入門書を紹介します


本書は、ISO9001:2008 改訂に対応して改訂された第2版になります。


はじめてISOマネジメントシステムについて学習しようとする人を対象に管理責任者(O部長)と担当者(S君)との二人のQ&A形式の会話を通してISOマネジメントシステムの考え方と基本的事項を説くという構成になっています。


本書の「はしがき」で筆者の大浜 庄司氏は、本書の特徴について以下のように述べています。


  1. 品質の認証の審査基準である2008年改正のISO 9001:2008規格の品質マネジメントシステムの要求事項をやさしく説明してあります。
  2. 組織がISO 9001:2008規格に基づき品質マネジメントシステムを構築し、運用する手順を、そのノウハウと共に説明してあります。
  3. 環境の認証の審査基準である2004年改正のISO 14001:2004規格の環境マネジメントシステム要求事項について、規格の体系に従ってわかりやすく説明してあります。
  4. 品質、環境のマネジメントシステム監査について、ISO 1901:2002規格で規定された内容に沿って、くわしく説明してあります。
  5. 組織が構築し運用している環境マネジメントシステムを、ISO 14001:2004規格を監査基準とした内部環境監査について、具体的に説明してあります。
  6. セクター規格の例として、電力業界における事業用電気工作物の法定自主検査実施のための品質マネジメントシステムに対する安全管理審査について、説明してあります。

<<ポイント>>


赤黒の2色刷の6コマのマンガで「品質」(ISO 9001:2008)、「環境」(ISO 14001:2004)「監査」(ISO 19011:2002)を解説している3つのISOマネジメントシステムの入門書


本書では、


ISO 9001:2008規格に基づく品質マネジメントシステムの要求事項や、システムを構築し運用する手順、


ISO 14001:2004規格に基づく環境マネジジメントシステムの要求事項や、システムを構築し運用する手順、


ISO 19011:2002規格に基づくマネジメントシステム監査及び環境マネジメントシステムの内部環境監査の手順、


ISOセクター規格の概要とISO9001に基づく安全管理審査


についてマンガでわかりやすく解説しています。


本書:「マンガISO入門 [改訂2版]」です。


ISO 9001 2008年版 準拠 」になります。


本書は、著者:大浜 庄司 氏にて、2009年9月にオーム社より発行されています。



<<本書のエッセンスの一部>>


本書は、序章および4編の6章から構成されています。


編の構成は、第1編がISO 9001に基づく「品質マネジメントシステム」(第1章、第2章)、第2編がISO 14001に基づく「環境マネジメントシステム」(第3章)、第3編がISO 19011に基づく「マネジメントシステム監査」(第4章、第5章)、第4編が「ISOセクター規格」(第6章)について解説するという構成になっています。


以下で章を追って概要を紹介します。


序章では、「ISOを理解するために
と題してこちらは6コママンガではなく、イラスト混じりのフロー図を中心に「ISOとは国際標準化機構をいう」、「認定・認証制度」などから「『監査とはどういうものか』という監査に関する基本用語と内部監査の実施手順」といったISOに関する基本的事項と本書の構成を解説しています。


以降の本編については、すべて管理責任者(O部長)と担当者(S君)との二人のQ&A形式の会話の6コマの漫画で解説が進む構成になっています。


第1編の「品質マネジメントシステムとはどういうものか
については、


第1章では、「ISO9001品質マネジメントシステムを理解する
と題して、ISO 9001:2008JIS Q 90001:2008:「品質マネジメントシステム-要求事項」)規格の要求事項のポイントを規格の条項番号順に「1.組織は品質マネジメントシステムを確立する」から「31.不適合に対し是正処置・予防処置をとる」までを解説しています。


第2章では、「ISO9001品質マネジメントシステムを構築・運用する
と題して、ISO 9001:2008 によるQMSの構築・運用(キックオフ、導入調査、推進体制、推進計画の作り方、運用、認証機関の選定、教育計画、現状把握の仕方、認証取得における部門の長の役割、文書体系、品質マニュアル・手順書の作成、QMSの運用、内部監査など)のポイントを「1.ISO9001は経営戦略として取り組み利益を得る」から「15.内部監査を実施する」までを解説しています。


第2編の「環境マネジメントシステムとはどういうものか
については、


第3章では、「ISO14001環境マネジジメントシステムを理解する
と題して、環境問題の現状についての「1.地球規模で環境が問題になっている」からはじまりEMSの認証制度、ISO 14001:2004JIS Q 140001:2004:「環境マネジメントシステム-要求事項」)規格の要求事項のポイントを規格の条項番号順に「8.一般要求事項はシステムの確立・改善を示す」から「31.組織は継続的改善を図るのが使命である」までを解説しています。


第3編の「マネジメントシステム監査とはどういうものか
については、


第4章では、「ISO19011マネジメントシステム監査を理解する
と題して、ISO 19011:2002JIS Q 19011:2003:「品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針」規格に基づく、マネジメントシステム監査の概要(監査の種類、原則、監査の目的、……、監査プログラム、監査の一連の手順、………、監査報告書、是正処置など)について「1.監査にはこのような種類がある」から「23.是正処置はフォローアップする」までの事項を取り上げ解説しています。


第5章では、「ISO14001環境マネジメントシステムの内部環境監査を理解する


と題して、ISO 14001:2004 規格の要求事項への適合を検証するための環境内部監査について「1.内部環境監査とはどういうものか」にはじまり、監査システム、監査チーム編成、個別実施計画、初回会議、監査の実施、「15.内部環境監査の不適合は是正処置をとる」までを解説しています。


第4編の「ISOセクター規格とはどういうものか
については、


第6章では、「ISO9001に基づく安全管理審査を理解する
と題して、ISO9001セクター規格とはどのようなものかを解説しています。


次いでISO9001に準じて経済産業省原子力安全・保安院が制定した「安全管理実施要領」を審査基準とした『安全管理審査』について解説し、事業用電気工作物の設置者が「安全管理実施要領」に適合する品質マネジメントシステムを構築する手順を解説しています。


「1.電気保安体制は自主保安体制が主となる」から「11.法定自主検査に用いる検査装置を管理する」までの解説となっています。


<<本書で何が学べるか?>>


本書では、、ISO9001品質マネジメントシステム)、ISO14001環境マネジメントシステム)、ISO19011マネジメントシステム監査指針)に関して6コママンガにより、それぞれの要求事項や考え方や関連知識について管理責任者(O部長)と担当者(S君)との二人のQ&A形式の会話形式でわかりやすく解説しています


<<まとめ>>


本書は、マンガで親しみやすく、これからISOの認証取得を目指す組織の関係者の予備知識の習得のためのテキストとして、新人教育や自己学習等に活用できる一冊です


なお本書の目次は、以下の内容です。
序章 ISOを理解するために
第1編 品質マネジメントシステムとはどういうものか
第1章 ISO9001品質マネジメントシステムを理解する
第2章 ISO9001品質マネジメントシステムを構築・運用する
第2編 環境マネジメントシステムとはどういうものか
第3章 ISO14001環境マネジジメントシステムを理解する
第3編 マネジメントシステム監査とはどういうものか
第4章 ISO19011マネジメントシステム監査を理解する
第5章 ISO14001環境マネジメントシステムの内部環境監査を理解する
第4編 ISOセクター規格とはどういうものか
第6章 ISO9001に基づく安全管理審査を理解する







にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


三越のギフト(09年秋冬コレクション)


三越のギフト


「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo