金融危機で資産を失った人というのはこれからの資産運用についてどう考えるか。


沢山持っているからもっとと欲を出すから失うことになるので、もともと失うべきものが少ない私のような存在は、気楽です。


まさに人生いろいろで人により資産運用とか投資に対する姿勢には、いろいろの個性があると思います。


常識的には、以下のようなパターンの選択肢があるかもと考えられます。


  • リスクは、もうこりごりと考えリスクがありそうな関連の分野から撤退する
  • 「動かざるごと山のごとし」の武田信玄のように格好良いのではなく、実は、塩漬けで動けない
  • 損きりをすませ、前回の失敗を分析し前回の轍をふまないようリスクを分析し慎重に対応する
  • 今度こそと鵜の目鷹の目で挽回するチャンスを模索する

そこで、失った資産を取り戻す方法となるとどんなものかと興味を呼ぶことと思います。


金融機関への助言・提案や顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで金融教育・投資家教育の普及に努めているエコノミスト・ファイナンシャルプランナーの筆者:中原 圭介氏が今後の資産運用について説いている本を紹介します。


現在、日本シリーズが行われていますが、野球の場合にこのバッターは、チャンスに打てるかを推測する情報は、過去の実績です。


2割バッターと3割バッターとでは、そのチャンスを活かせるか否かの期待値は大違いで結果も異なります。


アメリカの住宅バブルの危険性をいち早く取り上げ警鐘を鳴らした筆者の兆しを読む力量は、実績があります。


本書では、中原氏は、「2010年から12年にかけてバブルがやってくる」と予測し、サブプライムショックで損失を出した投資家たちに、失った資産を取り戻す方法を説いています。


<<ポイント>>


中原 圭介氏がこれからの時代の資産運用法を説く本


本書では、


この12月の「COP15」コペンハーゲン会議を契機に世界経済の流れが大きく変化する可能性があるとし、「地球温暖化対策問題」のバブルが仕掛けられていると説いています。


排出権取引などに関わるサブプライム関連を上回る危険な金融商品が出回り、全世界を巻き込んだ究極の仕手戦が始まると説き、それがわかっていれば、それに適当に乗り、適当に降りるべきと説いています。


バブルに踊らされることなく、冷静に対処することができれば、今回の金融危機で失った資産を取り戻すことも可能と説き、


  • 何を買えばいいのか?
  • いつ仕込みを始めればいいのか?

といったこれからの資産運用術を指南しています。


本書:「金融危機で失った資産を取り戻す方法」です。


本書は、著者:中原 圭介氏にて、2009年10月フォレスト出版 より発行されています。



<<本書のエッセンスの一部>>


本書の帯には、少し大袈裟なようにも思われますが、以下のように書かれています。


2009年12月に世界経済の流れが変わる!

アメリカ、中国などが仕掛ける超巨大バブルが、2009年12月の「COP15」を境に、いよいよ大きく動き出す!

サブプライム関連を上回る危険な金融商品が出回り、全世界を巻き込んだ究極の仕手戦が始まる!そして、そして世界経済は新たなステージへ。各国の権力者の狙いとは?

パフェットをはじめとする「超富裕層」の思惑とは?

この「世界経済の新たな流れ」に乗り遅れれば、金融危機で失った資産を取り戻すチャンスは、もう来ない!

何を買えばいいのか?いつ仕込みを始めればいいのか?

具体的な資産運用法が分かる


各メディアで「予測が当たるエコノミストNO.1」と

評価される著者が

世界経済の「未来」と「裏側」を解説!

失った資産を取り戻すのは、今しかない!


本書は、5章から構成されています。


今年の12月のデンマーク・コペンハーゲンでの「COP15」を契機に環境バブルが到来するとの見方が本書の拠り所となっていますが、筆者は、巨大バブルへのシナリオは、すでに動き始めているとの視点に立って論旨を組み立てています。


COP15では、「先進国と新興国が深い利害の対立を乗り越え人類のために合意する」というストーリーを描き、劇場化した世界経済の展開が進むとしています。


これは美談ではなく環境問題をテコにした「新種のビジネス」とし、そして環境バブルの一番の牽引力をアメリカの環境消費が担うと推測しています。


環境バブルのフォローの風でアメリカは元通り金融大国として立ち直り、国際ビジネスの分野でも巨額の投資を呼び込んで覇権を握るというシナリオのもと世界が動きつつあるとの論を展開しています。


バフェット氏の環境・エネルギー分野に集中した投資、グリーン・ニューディール政策の狙いといったこと(「原子力発電」、「スマートグリッド」、「電気自動車」)について分析していきます。


二酸化炭素排出権市場で取引される二酸化炭素排出権枠を裏付けとした新種の金融商品が開発され、金融デリバティブが再び増殖する可能性を論じています。


世界経済の変貌について推測し、地球温暖化問題を概観し、京都議定書に関わる京都メカニズムの仕組みを解説しています。


筆者は、「環境問題のウソ」の武田氏の論を引用したり、「地球温暖化と二酸化炭素の因果関係は、実は明らかになっていない」むしろ科学的根拠が乏しいとの立場から強大なマネーゲームの世界としての「環境バブル」を考察しています。


環境バブル経済は、権力者と超富裕層を相手に闘う、究極のババ抜きゲームになると推測し、これに対してスマートにかつしたたかに振る舞えば、金融危機で大きく資産を減らしていても取り戻すことが十分に可能として、我が国の経済展望と資産を取り戻す方法とを具体的に考察し、伝授するという構成になっています。


筆者は、金融工学や国際分散投資でリスクを管理できると当時の権威の論理を信じた投資家が金融危機で資産を激減させたと同様に、ノーベル賞によって権威づけされたIPCCやアル・ゴア氏の地球温暖化対策への訴えが世界中の人々を洗脳し、バブルによるお金儲けといった方向へ世界経済を導こうとしているのだと説いています。


筆者の基本的な考えは、今後10年から20年にかけて世界経済は緩やかな成長にならざるを得ないだろうとした上で、12月の「COP15」に着目と現在の兆候を分析しながら環境バブルの可能性論を展開しています。


環境バブルの如何に関わらず、環境・エネルギー問題は注目される過渡期にあり、筆者が推奨している銘柄は、誰の目から見ても成長性が見込める対象と思われます。


競馬で言えば、オーソドックスな本命筋になるのだろうと思います。


バブルということで適度に乗り、適度な時期に降りることを説いています。


投資というのは、人が注目していない穴を見つけるというのが妙味ではないかと思います。


仮にそういうのが確かな確度であれば、人には教えないで自分が買うということかも知れませんが。


風が吹けば桶屋が儲かるといった現在の兆候から連想を働かせてシナリオを描いていくという展開は大変、勉強になります。


<<本書で何が学べるか?>>


本書では、欧米の「地球温暖化対策問題」による仕掛けによって2010年から2012年にかけて、世界経済は新たなバブルに突入する可能性があるというシナリオを描き、アメリカの動きなどから、金融危機で失った資産を取り戻すために何を買えばいいのか、いつ仕込みを始めればいいのか、といった具体的な資産運用法を説いています


<<まとめ>>


資産運用に関心がある人には、本書は、読んでおきたい一冊です


なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 巨大バブルへのシナリオは、すでに動き始めている!
第2章 バブルを仕掛けるアメリカの「真の狙い」
第3章 変貌する世界経済
第4章 新たな流れに取り残される日本経済
第5章 金融危機で失った資産を取り戻す方法


にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


お歳暮人気ランキング


旬味まんさい便


「ISOの本棚」ページのトップへ!


<<本書のエッセンスの一部>>


本書の帯には、少し大袈裟なようにも思われますが、以下のように書かれています。


2009年12月に世界経済の流れが変わる!

アメリカ、中国などが仕掛ける超巨大バブルが、2009年12月の「COP15」を境に、いよいよ大きく動き出す!

サブプライム関連を上回る危険な金融商品が出回り、全世界を巻き込んだ究極の仕手戦が始まる!そして、そして世界経済は新たなステージへ。各国の権力者の狙いとは?

パフェットをはじめとする「超富裕層」の思惑とは?

この「世界経済の新たな流れ」に乗り遅れれば、金融危機で失った資産を取り戻すチャンスは、もう来ない!

何を買えばいいのか?いつ仕込みを始めればいいのか?

具体的な資産運用法が分かる


各メディアで「予測が当たるエコノミストNO.1」と

評価される著者が

世界経済の「未来」と「裏側」を解説!

失った資産を取り戻すのは、今しかない!


本書は、5章から構成されています。


今年の12月のデンマーク・コペンハーゲンでの「COP15」を契機に環境バブルが到来するとの見方が本書の拠り所となっていますが、筆者は、巨大バブルへのシナリオは、すでに動き始めているとの視点に立って論旨を組み立てています。


COP15では、「先進国と新興国が深い利害の対立を乗り越え人類のために合意する」というストーリーを描き、劇場化した世界経済の展開が進むとしています。


これは美談ではなく環境問題をテコにした「新種のビジネス」とし、そして環境バブルの一番の牽引力をアメリカの環境消費が担うと推測しています。


環境バブルのフォローの風でアメリカは元通り金融大国として立ち直り、国際ビジネスの分野でも巨額の投資を呼び込んで覇権を握るというシナリオのもと世界が動きつつあるとの論を展開しています。


バフェット氏の環境・エネルギー分野に集中した投資、グリーン・ニューディール政策の狙いといったこと(「原子力発電」、「スマートグリッド」、「電気自動車」)について分析していきます。


二酸化炭素排出権市場で取引される二酸化炭素排出権枠を裏付けとした新種の金融商品が開発され、金融デリバティブが再び増殖する可能性を論じています。


世界経済の変貌について推測し、地球温暖化問題を概観し、京都議定書に関わる京都メカニズムの仕組みを解説しています。


筆者は、「環境問題のウソ」の武田氏の論を引用したり、「地球温暖化と二酸化炭素の因果関係は、実は明らかになっていない」むしろ科学的根拠が乏しいとの立場から強大なマネーゲームの世界としての「環境バブル」を考察しています。


環境バブル経済は、権力者と超富裕層を相手に闘う、究極のババ抜きゲームになると推測し、これに対してスマートにかつしたたかに振る舞えば、金融危機で大きく資産を減らしていても取り戻すことが十分に可能として、我が国の経済展望と資産を取り戻す方法とを具体的に考察し、伝授するという構成になっています。


筆者は、金融工学や国際分散投資でリスクを管理できると当時の権威の論理を信じた投資家が金融危機で資産を激減させたと同様に、ノーベル賞によって権威づけされたIPCCやアル・ゴア氏の地球温暖化対策への訴えが世界中の人々を洗脳し、バブルによるお金儲けといった方向へ世界経済を導こうとしているのだと説いています。


筆者の基本的な考えは、今後10年から20年にかけて世界経済は緩やかな成長にならざるを得ないだろうとした上で、12月の「COP15」に着目と現在の兆候を分析しながら環境バブルの可能性論を展開しています。


環境バブルの如何に関わらず、環境・エネルギー問題は注目される過渡期にあり、筆者が推奨している銘柄は、誰の目から見ても成長性が見込める対象と思われます。


競馬で言えば、オーソドックスな本命筋になるのだろうと思います。


バブルということで適度に乗り、適度な時期に降りることを説いています。


投資というのは、人が注目していない穴を見つけるというのが妙味ではないかと思います。


仮にそういうのが確かな確度であれば、人には教えないで自分が買うということかも知れませんが。


風が吹けば桶屋が儲かるといった現在の兆候から連想を働かせてシナリオを描いていくという展開は大変、勉強になります。


<<本書で何が学べるか?>>


本書では、欧米の「地球温暖化対策問題」による仕掛けによって2010年から2012年にかけて、世界経済は新たなバブルに突入する可能性があるというシナリオを描き、アメリカの動きなどから、金融危機で失った資産を取り戻すために何を買えばいいのか、いつ仕込みを始めればいいのか、といった具体的な資産運用法を説いています


<<まとめ>>


資産運用に関心がある人には、本書は、読んでおきたい一冊です


なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 巨大バブルへのシナリオは、すでに動き始めている!
第2章 バブルを仕掛けるアメリカの「真の狙い」
第3章 変貌する世界経済
第4章 新たな流れに取り残される日本経済
第5章 金融危機で失った資産を取り戻す方法


にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


お歳暮人気ランキング


旬味まんさい便


「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile

discus05

旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo