タートルチャート」(または、「タートル分析図」)は、ISO/TS 16949に基づく自動車産業のプロセスアプローチによるQMS実践の際に推奨されている有力なツール。

私の中では、このタートルチャートというのは、プロセスのマネジメントを有効に見える化するツールと考えています。

タートルチャート」(または、「タートル分析図」)の簡単な解説はこちら

プロセスのモデルとして、「中小企業のためのISO9001―何をなすべきか ISO/TC176からの助言」などで解説されている枠に囲ったプロセスに対して、左右にインプットの→とアウトプット←と上下に経営資源↓と監視・測定↑で示すシンプルなプロセスのマネジメントのモデルもありますが、

このタートルチャートでは、プロセスへの左右のインプットの→とアウトプット←は、同じですが、左上から『材料・設備(with what?)』、また右上から『力量、技能、教育・訓練(with who?)』が入り、左下から『方法・手順(how?)』が、また右下から『パフォーマンス指標、KPI(Maesures)』が矢印で入って、亀の頭としっぽ、4つの手足のような形に表現されます。

このタートルチャートは、当然ながらISO/TS 16949だけでなく、ISO9001のプロセスアプローチにも有効に活用できます。

ISO/TS 16949 プロセスアプローチ内部監査のノウハウ』(「ISOの本棚」でも紹介)の著作で知られる本書の筆者:沖本 一宏氏によると、「プロセスの明確な定義」がプロセスアプローチに基づくQMSの成功のために必要で、その上で「トップマネジメントの考え方」と「プロセスアプローチによる内部監査」がQMSの成功のキーであるとしています

タートルチャート」は、合理的なプロセスの定義書であるとして、「タートルチャート」を中心に効果的な「プロセスアプローチによるQMSの運用と内部監査の実施」方法を具体的な実例を交えて分かり易く解説している本を紹介します

<<ポイント>>

タートルチャート」を中心に効果的なプロセスアプローチによるQMSの運用と内部監査の実施を説いた解説書。

本書では、

なぜ今日QMSにおいて「プロセスアプローチ」が必要とされるか?

とのニーズの確認に始まり、

タートルチャート」を中心に据えたQMSとはどのようなもので、

そこで用いられる品質マニュアルはどういうものか、

を概観しています。

人事、財務、販売といったビジネスプロセスの質に焦点を向けたQMSの方法論を論じ、

とくに

タートルチャート」の活用に基づくプロセスアプローチの運用、

プロセスアプローチ内部監査をどのように行うか

などを実例を交えて分かり易く説いています。

本書:「タートルチャート活用によるプロセスアプローチの実践」です。

本書は、著者:沖本 一宏氏にて、2010年4月に日科技連出版社より発行されています。

<<本書のエッセンスの一部>>

本書の表紙カバーの折り返し部には、以下のように書かれています。

 本書は、合理的なプロセスアプローチの定義書である“タートルチャート”を中心に、効果的なプロセスアプローチによる品質マネジメントシステムの実践方法を具体的に事例を示しながら解説した。 「タートルチャートを使用するプロセスアプローチ」の進め方に改善しようと考えている組織が、その構成員や内部監査員を訓練する際の社内テキストとして活用してもらうことを期待している。 また本書は、ISO9000、ISO/TS 16949の品質マネジメントシステム運用の”マンネリ打破とチェンジ”に関心をもつ読者を対象としている。


本書は、5章から構成されています。

また巻末にかなりのページを割いて本書の解説を補完する以下の3つの付録が添付されています。

  • 付録1:用語集
  • 付録2:“読まれる”品質アニュアル事例
  • 付録3:内部監査ガイダンス

用語集は、本書で略号で使用されている(「ALC」~「spc」までの18語の)手法・技法・ツールの簡単な解説。

品質アニュアル事例は、自動車の生産、販売、サービスなど経営全般をカバーした筆者が推奨する”読まれるマニュアル”の雛形。

内部監査ガイダンスは、構築段階、実施段階、改善段階での内部監査のポイント(確認する内容、確認の仕方など)をガイダンスとして示したもの。

今、なぜプロセスアプローチか」について、昨今の経営環境の変化に迅速に対応できる意志決定、業務処理のスピードアップが課題となっているが、組織間の横方向への仕事の流れを重視するプロセスアプローチが解決策とし、そのための「タートルチャート」を中心とした本音で運用するQMSの変革の必要性を説いています。

次いで、「“今流”品質マネジメントシステム」について、「タートルチャート」を中心に据えたQMSはどのようなものになるかを品質マニュアルを例に挙げ、新入社員にも新規顧客にも読まれる品質マニュアルはどのようなものかを解説しています。

そして、「プロセスアプローチの実践」として、ISO 9001、ISO/TS 16949などの規格が意図していることとプロセスアプローチの基本となるプロセスの概念、顧客志向プロセスCOP)、さらにプロセスの定義の仕方からプロセスアプローチ、その実施ステップはいかにあるべきかを4.1項、「一般要求事項」のPDCAのモデルのステップを解説し、人事、財務、販売といったビジネスプロセスの質に焦点を向けたQMSの実践の方法論を解説しています。

またプロセスの定義を明確にする「タートルチャート」について、その意義から、作成方法、実施例を交えて詳解しています。

そして、「タートルチャート」以外のプロセス定義書として、筆者がプロセスアプローチのツールとして推奨している表形式でリストアップするプロセスの記述書に触れてフォームと製造プロセスでの例を示しています。

さらに「プロセスアプローチ内部監査」について、内部監査の重要性の確認にはじまり、プロセスアプローチ内部監査がどのようなものかの全体像をフローを交えて解説しています。

  • システム構築段階
  • システム実施段階
  • システム改善段階

の各段階毎に行うべきプロセスアプローチ内部監査の具体的な確認のポイント(【目的】、部門に対する確認項目、プロセスに関する確認項目)を解説しています。

またタートルチャートの管理項目を記載した「COPA監査ワークシート」の作成について、効果的でないとする規格逐条式の監査チェックリストとCOPA監査ワークシートの様式を比較し、その記入要領を解説しています。

ついで、「COPA監査ワークシート」の活用例と内部監査の結論のまとめについてワークシート事例、指摘事項表、指摘事項表/是正処置書の事例等を交えて具体的に解説しています。

<<本書で何が学べるか?>>

本書では、「タートルチャート」を軸に効果的な「プロセスアプローチによる品質マネジメントシステムの実践」方法について具体的な事例を交えて解説しています。

<<まとめ>>

本書は、タートルチャートを活用したプロセスアプローチの実践によるQMSの有効性の改善に関心があるISO9001、ISO/TS 16949の関係者には、是非、読んでいただきたい一冊です

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 今、なぜプロセスアプローチか
1.1 マネジングサイドウェイ(縦から横への変革)
1.2 コミュニケーションスキル
1.3 プロセスの定義
第2章 “今流”品質マネジメントシステム
2.1 “今流”品質マネジメントシステムの基本
2.2 品質マニュアルに対する規格要求
2.3”読まれる”品質マニュアル
2.4 「プロセスマップ」「プロセスリスト」「プロセス・ファンクション・マトリックス」
第3章 プロセスアプローチの実践
3.1 プロセスの概念
3.2 顧客志向プロセス(COP)
3.3 プロセスアプローチの準備
3.4 プロセスアプローチの実施ステップ
3.5 プロセスアプローチの実践
第4章 タートルチャート
4.1 タートルチャートの意義
4.2 タートルチャートの作成方法
4.3 タートルチャートの実施例
4.4 タートルチャート以外のプロセス定義書
第5章 プロセスアプローチ内部監査
5.1 内部監査の重要性
5.2 プロセスアプローチ内部監査の全体像
5.3 システム構築段階の内部監査
5.4 システム実施段階の内部監査
5.5 システム改善段階の内部監査
5.6 内部監査(COPA監査)のワークシートの作成
5.7 COPA監査ワークシートの活用例
5.8 プロセスアプローチ内部監査の結論
付録1:用語集
付録2:“読まれる”品質アニュアル事例
付録3:内部監査ガイダンス

にほんブログ村 本ブログへ


(広告)

屁理屈無し 社長のための時間の使い方

「ISOの本棚」ページのトップへ!


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo