「オタク」という言葉は、アニメや漫画などのサブカルチャーに没頭し、そのサブカルチャーについての薀蓄(うんちく)を傾けると止まらないような人々を指しています。


 元祖「オタク」として世間から見られ『オタク学入門』の著書で知られる岡田斗司夫氏が、自身の1年間で50キロの減量に成功したダイエットについて、その薀蓄を傾けてその方法について語っている本を紹介します。


 ダイエットについて、ダイエットは楽しく知的な行為であり、ロー・リスク、ハイ・リターンの最高の投資であると語っています


本書:「いつまでもデブと思うなよ」です。


本書は、著者:岡田斗司夫氏により、2007年8月に新潮社より新潮新書の一冊として発行されています。



本書は、なかなかメリハリが聞いた楽しい文章で書かれていて人気が高く、発売以来、アマゾンでもベストテンの上位にランクされ、書店でも品切れ状態となっているようです。


いつまでもデブと思うなよという言葉は、私も一度は、言ってみたい様な羨ましい言葉ですが、著者は、この1年ダイエットについては、辛いことより楽しい思い出が多いと述べています。


本書の序章の前に著者の1年前と現在の写真が並べて掲載されています。


表紙にも著者のズボンのウエストが小さくなった写真も掲載されています。別人のごとく溌剌として若々しく写っています。


本書の表紙の帯には、以下のように書かれています。


1年で50キロの減量に成功!

その究極の技術と思考法。


ここで著者が自身の経験に基づいて提示しているのは、『レコーディング・ダイエット』で、自分の行動を記録することでダイエットの管理を行うという方法。


すなわち、必要なのはメモ一冊。


メモをしっかりと続けていくことで運動は、不要で、これにより筆者が助走と呼ぶ持続可能なダイエットは始められる。これをスタートとして、カロリー制御を励行することで重力から開放というもの。そして、これが継続的に持続できた暁には、先の経済的、社会的成功が待っているというもの。


筆者の本書での展開によるとダイエットの取組と成功を一種のプロジェクトのようにロケットを月面に到達させる取り組みのような展開として解説しています。


すなわち、先ずは助走で、助走中にメモの記録を分析し、太る理由を見つける。


次の段階は、離陸でカロリー計算をしっかり行う。


ついで上昇の段階で、カロリーを制御する段階。

次なる段階は、巡航の段階でいろいろと壁を突破するための工夫した取組を実施してみるという段階でここでバランスも確保するというもの。


さらに再加速の段階で、ここで体の声を聞くという段階。体が欲しがっているものを摂取するという段階とのこと。


最後の段階で軌道到達の段階になる。この段階になるとダイエットということをとくに意識しなくともやせた状態を維持できるとのこと。


本書では、この助走→離陸→上昇→巡航→再加速→軌道到達の各段階について3章から8章まででそれぞれ一つの章を割いて解説しています。


なかなか説得力に富み、文章も面白く、人気が高い理由がうなづけます。早速トライしてみたいと感じる技術と考え方が分かり易く示されています。

<<いつまでもデブと思うなよ>>に関するブログを読む

[感想]いつまでもガキだと思うなよ
オタキング・岡田斗司夫が自らのダイエット経験談と共に、レコーディング・ダイエットについて解説している『いつまでもデブと思うなよ』だ。興味深かったのはデブであることのデメリットを説いているくだり。これって、別にデブでなくても、スモーカーや ...
心のジャーニー!w『いつまでもデブと思うなよ』
『いつまでもデブと思うなよ』岡田斗司夫/著 新潮社どの書店に行っても、インパクトのあるポスターにやられてついつい読んでしまった。ダイエット本はちまたに出過ぎてるのもあって、そういう内容だったら読まないぞと思っていたけれど、実は単なる ...
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
今話題の新書「いつまでもデブと思うなよ」。世にはたくさんのダイエット本があります。しかしインパクトで言えばこの本にかなわないでしょう。 なにせ、1年前に117KGあった著者岡田氏が50KGも体重を落としたのだ。(表紙の帯びには117KGあった際に来 ...
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)/岡田斗司夫 (著)
この書籍「いつまでもデブと思うなよ」では、まず食べたものをレコーディング(記録)することから始まる。 著者は言う、ダイエットに成功する人は200人に1人だと。だが僕も言わせてもらえば、この本を読んだ人間の中でダイエットに成功する人も200人に1 ...
[book]『いつまでもデブと思うなよ』: 岡田斗司夫(2)
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227). 作者: 岡田斗司夫; 出版社/メーカー: 新潮社; 発売日: 2007/08/16; メディア: 新書. レコーディング・ダイエットのポイント. ?助走. 体重を毎日計る。 口に入れたもの全てをメモする。 ガマンしない。 ...
いつまでもデブと思うなよ (岡田斗司夫)
体重×体脂肪率で出す脂肪重量グラフなども参考になった。 レコーディングダイエットを支援してくれるwebアプリがあるとたいそう便利だと思った。 しかし、岡田斗司夫の文章は明快でおもしろいなー。 いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227) ...
いつまでもデブと思うなよ
で、今、再出発のキッカケにしようと、amazonで結構売れている「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 (著) を、読んでいます。 「記録していく」ことをメインとした減量方法なんですが、 習慣化さえできれば、説得力も、効果もある方法でしょう。 ...
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
新潮社
岡田斗司夫(著)
発売日:2007-08-16
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:5
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 優しく前向きなアジテーション
おすすめ度5 知のダイエット
おすすめ度5 “知”で痩せる
おすすめ度3 食事療法の決定的な欠陥
おすすめ度5 ダイエット業界に終焉をもたらす本!コロンブスの卵級!?

なお本書の目次は以下の内容です。
序章 一年で五〇キロやせたよ
第1章 「見た目主義社会」の到来
第2章 ダイエット手段の格付け
第3章 助走・太る理由
第4章 離陸・カロリーを計算してみる
第5章 上昇・カロリーを制御する
第6章 巡航・いろいろやってみる
第7章 再加速・体の声を聞く
第8章 軌道到達・ダイエットの終わり
終章 月面着陸・ダイエットは究極の投資である




にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


M2(Computer MusicMonitor)



M2 コンピューターミュージックモニター


「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

 何となくTVを見ているとテレビの紹介で「NHKスペシャル:グーグル革命の衝撃 ~あなたの人生を“検索”が変える~」が何回か放映されています。
 (1/21(日)午後9:00 NHK総合にて、NHKスペシャルで放映とのこと。)

 「検索エンジンで10位以内に入っていないと貴方の会社は、この世に存在していないと同じこと」などの言葉が飛び交っていました。

 グーグル(Google)社は、8年前スタンフォード大学の学生二人が学生寮から立ち上げたベンチャー企業ですが今や時価総額18兆円に急成長しました。

 躍進の原動力は、ネット検索サービス。この番組では、『検索サービスを核に進化するインターネットの新たな波が、我々の暮らしや社会にどのような影響を及ぼしつつあるのかを伝える。』とのこと。

 このGoogleやAmazon、Apple,YouTubeなどで代表されるWeb 2.0。Web 2.0という言葉は、米国のIT系出版社のオライリー(O'Relly)社のブレインストーミング中に、同社のCEOが最近のWebの変化とトレンドをWeb 2.0(第二世代)と表現したのが始まりとのこと。

 さて、ウェブの進化によって世の中、人はどう変わるかとのテーマで芥川賞作家:平野 啓一郎氏と昨年の「ウェブ進化論」で一世を風靡したウェブコンサルタント・実業家:梅田望夫氏とが対談している本を紹介します。

本書」「 ウェブ人間論」です。

本書は、2006年12月に新潮社より新潮新書の一冊として発行されています。

本書の帯には、以下のように書かれてあります。

「ウェブ進化」

によって、人間は

どう変わるのか?

異分野の二人が徹底討論!

「日本におけるインターネット元年は、1995年といわれている。

たった、十年ほど前のことである。

しかし私たちは、最早、それ以前の生活を想像し難くなっている。

ネットがなかった頃、仕事はどうやってつきあっていたんだろうか?

友人とはどうやってつきあっていただろうか?

いやそもそも自分自身は、どんなだったろうか?

-ウェブ2.0という新たな局面を迎え

更に驚くべき変化を遂げつつある状況の中で、

私たち二人は、

ともかく話し合った。

現在について

そして未来について。」
(「はじめに」より)

 ウェブと人とのか関わりについて、ウェブの変化の本質はどう見るべきか、その未来はと客観的に語っています。

 しかし、対話を通して、自分は、このウェブの激動する変化の渦中で自分は、世界とどう関わっていきたいかとの思いを投影しながら、二人の個性の世界をにじませ率直に語っているように思います。

 安岡 正篤氏が「物を評するは己を告白すること」とそこに人物の深浅が現れると言っていますが、この対談は、技術者らしさの視点と文学者らしさの視点が良いハーモニーを出した対話になっていると思います。

またこのような対談からどのような刺激を受けるかも、今の自分の姿が反映されるているように思います。

<<『ウェブ人間論』に関するブログを読む>>

『ウェブ人間論』
ウェブ人間論/梅田 望夫 『ウェブ進化論』の梅田望夫と芥川賞受賞作家平野啓一郎が ウェブ進化による人間の変容について対談; いつの時代も年寄りってのは新しい物を嫌う もんです。ネットなんてのはその最たるもので、フジテレビVSライブドアはジイさん ..
.
ウェブ人間論
「ウェブ人間論」 ウェブ進化論の著者、梅田望夫氏と芥川賞作家、平野啓一郎氏の対談 本です。 タイトル的には、かの「ウェブ進化論」の続編っぽい名前ですが、 まぁ、「 ウェブ進化論」あったから実現した対談のようなので続編といえなくはないですが、 ...
「ウェブ人間論」と梅田望夫
「ウェブ人間論」を読んでこれまでの梅田さんに対する誤解が解けた気がする。 どうい...
ウェブ人間論 (新書) 梅田 望夫 (著), 平野 啓一郎 (著)
ウェブ人間論 (新書) 梅田 望夫 (著), 平野 啓一郎 (著) 一度読んで梅田氏の箇所だけ 読んだ。後者のほうが読みやすくわかりやすかった。 梅田氏の発言で私にとって気づき になった点を紹介したい。 本(ウェブ進化論:屋宮注)の中で「世界政府」という ...
ウェブ人間論
以前、このブログでもレビュー した”ウェブ進化論”の著者が書いた”ウェブ人間論”を 読みました(*^ー^)ノ ITに精通して現在コンサルタント会社を経営する著者と全く異 業界である作家である平野氏の対談形式になった本。 ”インターネットが人間を ...
ウェブ人間論 (新書)
ウェブ人間論 (新書)ウェブ人間論 (新潮新書) 梅田 望夫 (著), 平野 啓一郎 (著) ¥ 714 (税込). ベストセラー『ウェブ進化論』の梅田望夫氏と『日蝕』の平野啓一郎が インターネットの今と未来を語った対談集です。 もう手に取られた方が多いと思います ...
[日記]自分と周りの違い
ウェブ人間論で説明されている、ハッカー・エシックスである。 ハッカー・エシックス とは、どういうものでしょうか。ハッカーの倫理ですか? プログラマーという新しい職業 に携わる人たちが共有する倫理観とでもいうべきものですね。 ...
ウェブ人間論
梅田 望夫, 平野 啓一郎ウェブ人間論ウェブ2.0が進む中で、今後私たちはどのような 環境に身をおき、どのようにかかわっていくことになるであろうかを、対談でまとめたもの。 新潮フォーサイトで掲載されたものを新書化。 対談はシリコンバレーから最新 ...
ウェブ人間論
読みました。 WEB2.0続編というのとは違って、 インターネットが結構当たり前なインフラ となりつつある状況の中で、 どういった変化があったのか、 それを人間を中心に対談 した内容です。かね。 色々と示唆する部分がありつつも、 一番印象に残ったのは、 ...

(広告)

ボーズ・オンイヤーヘッドホン

クワイアットコンフォート3 

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

謹賀新年!

wildpig.gif

本年もどうぞ宜しくお願いします。

「ISOの本棚」ブログは、1月4日からスタート致します。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

これ、お宅で購入した商品だけど…。
動かないんだよねえ。どうしてだろ?」とお客様に言われたときどう応えるべきだと思いますか?

A:「店内に同型の商品がございますので、すぐに交換させていただきます」

B:「原因を調査いたしますので、いったん預からせていただきたいのですが…」

C:「当店の販売履歴がないと返品や交換などは受け付けられないので、いったんお調べしてからご提案させていただきたいのですが…」

元お客様相談室担当者が現場でのクレーム対応のノウハウについて解説している本を紹介します。

本書:「クレーム対応の極意」です。
「あなたのひと言が“ファン客”をつくる !」との副題が付いています。

本書は、著者:山本 貴広 氏で、2006年5月に同文舘出版から発行されています。

冒頭の答えは、本書のプロローグでとのことで、本書のプロローグでは、一見ベストな対応と思えるA案では、お客様の気持ちへの理解が不十分で、クレーム対応の一歩は、お客様の気持ちを理解した上で、お客様の不安を出し切らせることが大切と説いています。

本書では、お客様の不満を出し切らせるための以下の”7つのステップ”を紹介しています。

  1. ヒアリング
  2. 共感する
  3. 謝罪する
  4. 質問する
  5. 調査する
  6. 原因説明と解決策の提案
  7. 約束を履行する

またクレーム対応の基本ステップから、難クレームへの対応法まで、お客様相談室での体験を交えながら具体的に分かり易く解説しています

著者は、あとがきでクレーム対応の極意について、「とことんお客様と話し合うことに尽きる」とも言っています。

クレーム対応の極意―あなたのひと言が“ファン客”をつくる!
同文舘出版
山本 貴広(著)
発売日:2006-05
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:69678

なお本書の目次は,以下の内容です。
1章 なぜクレームは起こってしまうのか―クレーム対応の基礎知識
2章 クレームが発生したら―基本編
3章 クレームが発生したら―ケース別対応編
4章 クレームが発生したら―応用編
5章 クレームが起こる前に―クレーム対策、まずは予防
6章 難クレームへの対処法


 (広告)

エコ割「夏休み空席状況カレンダー」

ANA 国際線航空券 

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo