内部統制という言葉は、internal-controlの訳で、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の実践活動の一環との位置づけになります。

 会社法(平成18年施行)や金融商品取引法(平成20年4月施行予定)において求められる内部統制システムが有効に機能するためには、内部統制システムの評価に関わる内部監査が不可欠です。

 監査についてのISO9000(または、ISO19011)での定義によると監査とは、「監査基準が満たされている程度を判定するために、監査証拠を収集し、それを客観的に評価するための体系的で、独立し、文書化されたプロセス」と規定されていますが、監査の意図するところとしては、内部統制システムの監査においても同様です。

 この内部監査についての基礎的な知識を初めて内部監査の実務に関わるという人にも分かり易く解説し、今後、内部監査人に求められるであろう知識やスキルについて一通り紹介し、さらに実務上重要な監査手続書(監査チェックリスト)について、内部統制のフレームワークに沿って展開した例や内部監査に役立つ資料を提供して詳細に解説している本を紹介します。

また前記の監査手続書(監査チェックリスト)についてのCD‐ROMデータデータ(Excelファイル)が添付されています。

本書:「内部監査人の実務ハンドブック」です。

内部統制システムに役立つ実務手引き」との副題が付いています。

本書は、著者:島田 裕次 氏ならびに日本内部監査協会の編さんにて、2007年5月に日科技連出版社より発行されています。

本書の帯には、以下のように書かれてあります。

プロフェッショナルの

内部監査人が贈る

これ一冊でOK!

また本書の表紙カバーの折り返し部に、本書の三大特徴として以下のような点が挙げられています。

1.実際の監査を想定しての監査プロセスに沿ったポイントが解説されている

2.内部監査に当たって、知りたいと思われることがトピックスとかキーワードで取り上げられ、読み切りスタイルの解説として提供されている

3.組織の関係する業務毎に、また形態別に監査のチェックリストの事例が示されてCD-ROMでも提供されている

また筆者は、「まえがき」で内部監査が企業経営上も重要な位置づけとなってきていることを強調した上で、本書の意図する点について以下のように述べています。

「本書は、内部監査人内部監査実務を実施する上で参考となる事項をわかりやすくまとめており、監査実務で役立つことを目的として執筆している。

また日本内部監査協会や内部監査人協会(IIA)などが策定した各種基準やガイドラインを参考資料として収録しているので、内部監査人が監査を実践する際の参考になると考えている。」


本書は、3部から構成され、第1部「理論編」(1~3章)では、内部監査の理論的な内容、第2部「実践編」(4~6章)では、実務的な事項、第3部「資料編」では、内部監査に役立つ関連資料が掲載されているという構成となっています。


第1章では、「変貌する内部監査
として、内部監査に関連の深い内部統制システム、CSR、ERM、光栄機通報者保護法などのキーワードの解説しながら内部監査の現状を解説しています。

第2章では、「内部監査人の役割と責任
として、内部監査人協会(IIA)が作成した基準などに基づく内部監査人の果たすべき責任と役割についてその求められる専門職としての役割の重要性など解説しています。

第3章では、「内部監査の種類
として、各種の監査(環境監査、品質監査、個人情報監査、コンプライアンス監査、会計監査、業務監査、情報システム監査)のどのような内容なのかをその目的、範囲、基準、内容など具体的に解説しています。

第4章では、「監査手順とその実務
として、監査の実務についてどのような手順とか手続きで、どのような技法に基づき、どのように実施するか監査手順、監査マニュアルから改善勧告、フォーローアップまでの時系列的な監査の流れに沿って解説しています。

第5章では、「監査の実施
として、監査の対象となる業務分野の会計、営業、販売、人事・給与、労務、調達、情報システムなどの業務の適切性を監査する上での留意すべき点などを中心に解説しています。また供給者(関係会社や協力会社)に対する監査や監査権のない海外関係会社の監査のポイントなども取り上げ解説しています。また内部統制の監査、IT統制の監査の意義から進め方、記録の保存、評価基準など解説しています。

第6章では、「内部監査のためのチェックリスト
として、部門毎に監査を実施する監査チェックリストについて、監査項目、監査手続き、証拠資料、留意点、監査結果、改善勧告を含めた内容の具体的なチェクリストの例が掲載されています。

資料編については、内部監査人協会「倫理綱要」、日本内部監査協会「内部監査基準」、財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準などの10点の資料が掲載されています。

内部監査人の実務ハンドブック―内部統制システムに役立つ実務手引き
島田 裕次 日本内部監査協会
日科技連出版社 (2007/05)
売り上げランキング: 4552

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1部 理論編
 第1章 変貌する内部監査
 第2章 内部監査人の役割と責任
 第3章 内部監査の種類
第2部 実践編
 第4章 監査手順とその実務
 第5章 監査の実施
 第6章 内部監査のためのチェックリスト
第3部 資料編
資料1 内部監査人協会「倫理綱要」
資料2 日本内部監査協会「内部監査基準」
資料3 財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準
資料4 個人情報の保護に関する法律
資料5 個人情報の保護に関する法律施行令
資料6 個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン資料7 経済産業省「システム監査基準」
資料8 経済産業省「システム管理基準」
資料9 公益通報者保護法
資料10 公益通報者保護法に関する民間事業者向けガイドライン 

にほんブログ村 本ブログへ


(広告)

CDを買うなら TSUTAYA online

TSUTAYA online

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

 ISO9001:2000を運営管理している組織の管理責任者がその有効活用の面で多くの悩みを抱えておられ、中でも最大の悩みとなっているのが内部監査に関すること。

 とくに内部監査で発見した不適合の是正処置がうまく機能していないために継続的改善の取り組みが進まないとのこと

 本日は、有効なQMSの継続的改善につながる内部監査指摘・是正処置の方法について事例を中心に詳しく解説している本を紹介します。

本書:「(こうすれば効果が上がるISO9001内部監査指摘ノウハウ集」です。

本書は、編集委員長 福丸 典芳氏で、ISO 9001内部監査指摘ノウハウ集 編集委員会 編により、2007年1月に日本規格協会より発行されています。

本書の帯には、以下のように書かれてあります。

ISO9001 中小企業事例による

内部監査員への

応援本!

本書の「はじめに」の中で編集委員長は、以下のように述べています。

「QMSを継続的に改善するための有効な手段として、内部監査の機能が重要であることは誰もが認識していることである。

しかし、多くの組織では、内部監査をどのように運営管理すれば、効果的なQMSの改善を行うことができるのかについて日々悩んでいる。

 特にトップマネジメントや管理責任者が抱えている悩みは、QMSの根幹に関わる事項であり、経営そのものにも影響を与えていることである。
(略)
本書では、内部監査の事例については、各委員が持ち寄った事例から、部門やISO9001の要求事項に偏らないように抽出し、これについて解説を行っている。なお、解説に当たっては、読者が理解しやすくなるように、内部監査の指摘の背景を明確化することにした。

 またQ&Aでは、委員からそれぞれ意見を出してもらい、これを各責任者別の悩みとして層別することで、トップから内部監査推進事務局に至るまでが理解し易いように編集を行った。
(略)
 本書は、内部監査の不適合報告書に関する是正処置の方法について、内部監査員の教育に使用することも可能になっているので、これらの内容を理解していただき、形式的な内部監査から脱却して、効果の上がる、すなわちQMSの改善に役立ち、組織のパフォーマンスに貢献する内部監査に転換されることを期待する。」


本書の特長として以下のような点が挙げられます。

 本書では、中小企業での内部監査における不適合報告書の実例が35例取り上げられています

またその不適合報告書について「本当に効果が上がる内部監査であるか、組織の真の是正につながる指摘であるか、是正の方法は適切か」等の観点から専門家が添削し、事例の背景と解説とにより詳しく解説しています。

 またQ&Aコーナーが設けられ、組織のトップ、管理責任者、内部監査員、被監査部門、推進事務局・推進スタッフのそれぞれの立場での悩み質問として提示され、それに対してどうすればよいかの解決策を提示し、更に、組織の各部署ではどのような項目を重点として監査すればよいのかを示唆するという内容となっています。

本書は、4章から構成されています。

第1章では、「内部監査の効果を上げる意義と必要性」として、QMSにおける内部監査の位置づけや有効な内部監査を進める上で押さえておくべきポイントはどこかなどを解説しています。

第2章では、「真のQMS改善につながる是正処置事例の解説」として、見開きの左側の頁では、組織での内部監査の指摘の実例(不適合報告書)が35事例示され、右側の頁では、事例の背景と解説により、どのような事項が問題で、それをどのように解決すべきかを解説しています。

第3章では、「是正処置事例から発見された組織の弱点とその解決法」として、内部監査で指摘された不適合について是正処置の効果的な方法について解説しています。

第4章では、「内部監査実施上の悩みとその回答(Q&A)」として、内部監査に対してトップ、管理責任者、内部監査員、被監査部門、推進事務局・推進スタッフの立場からの悩みについての質問に解答する形式でのコメントとどうするかとの改善の方向を提案しています。

 内部監査員の力量の向上の目的で、また自社のQMSの有効性の継続的改善のために内部監査の有効性を高めたいと感じておられる方に役立つおすすめの一冊と思います

effectiveinternalaudit.jpg
日本規格協会
福丸 典芳(編さん)
発売日:2007-01
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:15109

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 内部監査の効果を上げる意義と必要性
 1.1 ISO 9001規格との向き合い方,使い方
 1.2 内部監査の機能とその活用
    1.2.1 内部監査の視点
    1.2.2 品質マネジメントシステムと内部監査の真の目的
    1.2.3 内部監査の機能
    1.2.4 内部監査の効果的活用
    1.2.5 内部監査の実際の事例
 有効な内部監査のための11のアドバイス
第2章 真のQMS改善につながる是正処置事例の解説
 事例1(4.品質マネジメントシステム,7.製品実現)
 事例2(4.品質マネジメントシステム)
 事例3(4.品質マネジメントシステム)
 事例4(4.品質マネジメントシステム,5.経営者の責任,8.測定,分析及び改善)
 事例5(4.品質マネジメントシステム,7.製品実現)
 事例6~事例9(4.品質マネジメントシステム)
 事例10(4.品質マネジメントシステム,6.資源の運用管理)
 事例11(5.経営者の責任)
 事例12(6.資源の運用管理)
 事例13(6.資源の運用管理)
 事例14(6.資源の運用管理,7.製品実現)
 事例15(6.資源の運用管理,7.製品実現)
 事例16(6.資源の運用管理)
 事例17~20(7.製品実現)
 事例21(7.製品実現,8.測定,分析及び改善)
 事例22~28(7.製品実現)
 事例29~35(8.測定,分析及び改善)
第3章 是正処置事例から発見された組織の弱点とその解決法
 3.1 不適合報告書の記述方法
 3.2 是正処置の効果的な方法
    3.2.1 是正処置とは
    3.2.2 是正処置の問題点
    3.2.3 是正処置の進め方
    3.2.4 事例分析
    3.2.5 不適合報告書及び是正処置のチェックポイント
 3.3 内部監査の着眼点
    3.3.1 ISO 9001の意図の理解
    3.3.2 内部監査の質問事例
第4章 内部監査実施上の悩みとその回答(Q&A)
 4.1 トップの悩み
 4.2 管理責任者の悩み
 4.3 内部監査員の悩み
 4.4 被監査部門の悩み
 4.5 推進事務局・推進スタッフの悩み


(広告)

オラクル製品のライセンス販売

オラクルライセンスセンター

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

ISO14001:2004規格要求事項の4.5.5「内部監査」において以下のように要求されています。

「組織は、次の事項を行うために、あらかじめ定められた間隔で環境マネジメントシステム内部監査を確実に実施すること。

a)組織の環境マネジメントシステムについて次の事項を決定する。
1)この規格の要求事項を含めて、組織の環境マネジメントのために計画された取決め事項に適合しているかどうか。
2)適切に実施されており、維持されているかどうか。

b)監査の結果に関する情報を経営層に提供する。

監査プログラムは、当該運用の環境上の重要性及び前回までの監査の結果を考慮に入れて、組織によって計画され、策定され、実施され、維持されること。

次の事項に対処する監査手順を確立し、実施し、維持すること。
‐監査の計画及び実施、結果の報告、並びにこれに伴う記録の保持に関する責任及び要求事項
‐監査基準、適用範囲、頻度及び方法の決定

監査員の選定及び監査の実施においては、監査プロセスの客観性及び公平性を確保すること。」

 すなわち、内部監査は、適切な力量を備えた内部監査員が、EMSについて、規格ならびに組織が決めた要求事項への適合性ならびに組織が手順や計画をしっかりと実施・運用し、法令も順守し、目的目標を達成し、変化に対応し、レビューを実施して、EMSが有効に機能し、汚染予防の継続的改善の取り組みが実施されているかを判定し、監査計画から監査結果に至る情報を経営層に報告することなどを含みEMSにおいて重要な位置づけになっています。

本日は、効果的な環境内部監査を実施するためのポイントを解説している解説書を紹介します。

本書:「効果的な内部環境監査のポイント」です。

本書は、園部 浩一郎氏ならびに高野 和幸氏の共著で、2005年6月に日科技連出版社より発行されています。

本書は、同社の『2004年版対応 ISO14000’s審査登録シリーズ』の第4巻となります。前著:「内部環境監査の進め方とチェックリスト」からの改訂となります。

本書の出版社からの紹介文は、以下の通りです。

「本書は、内部監査の持つ特徴を活かした、効果的な内部監査を実施するためのポイントをまとめています。

内部監査の仕組みや手順をどのようにするか、内部監査員には、どのような力量が必要か、内部監査の準備・実施・報告書作成各段階の留意点など、内部監査の仕組みづくりから内部監査を実施し、内部監査報告書をまとめるまでの全ステップを扱っています

また、チェックリストの実例から、実践に基づく現場監査のポイントも掲載するなど、内部監査実施時のハンドブックとしても使っていただけるように工夫してあります

組織のトップマネジメント、管理責任者、ISO事務局、内部監査員などに活用いただいて効果的な内部監査が実施されるきっかけとしていただくために本書は刊行されました。」

本書は、7章から構成されています。
第1章では、『内部監査の特徴と重要性』として、ISO14001:2004規格の概要と内部監査の仕組みと位置づけ、内部監査の特徴などを解説しています。

第2章では、『内部監査のシステム設計』として、内部監査員の育成、必要な力量ならびに内部監査手順の策定とその留意点などについて解説しています。

第3章~第5章までが『内部監査の進め方』の解説で、内部監査の「準備段階」、「実施段階」、「報告書の作成段階」のそれぞれについて、時系列的に具体的な環境内部監査のポイントについて解説しています。

第6章は、『チェックリストのつくり方』として、システム構築段階、継続改善段階に分けてチェックリストの作成要領を解説しています。実践に基づく現場監査のポイントも掲載されています。

第7章は、上記の各段階でのチェックリストの例が示され、解説されています。

効果的な内部環境監査のポイント
日科技連出版社
園部 浩一郎(著)高野 和幸(著)
発売日:2005-06
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:171389

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 内部監査の特徴と重要性
 1.1 環境マネジメントへの取り組みとISO14001規格
  1.2 ISO14001規格における内部監査への要求
  1.3 内部監査の特徴
 1.4 内部監査の重要性
第2章 内部監査のシステム設計
 2.1 内部監査員の育成、力量用件
  2.2 内部監査手順作成時の留意点
第3章 内部監査の進め方(1)−準備段階−
 3.1 年間計画の作成・承認
 3.2 内部監査チームの編成
  3.3 事前情報の収集
 3.4 実施計画の作成
 3.5 チェックリストの作成と帳票類の準備
第4章 内部監査の進め方(2)−実施段階−
 4.1 内部監査開始前の打ち合せ
 4.2 証拠の収集と検証
 4.3 内部監査成功のカギ
第5章 内部監査の進め方(3)−報告書の作成−
 5.1 不適合報告書の書き方
 5.2 是正処置
 5.3 是正処置結果の確認
 5.4 不適合報告書の記載例(不適合と是正処置)
 5.5 内部監査報告書のまとめ方
第6章 チェックリストのつくり方
 6.1 システム構築段階チェックリスト
 6.2 継続改善段階チェックリスト
第7章 チェックリストの事例
 7.1 システム構築段階チェックリスト例
 7.2 継続改善段階チェックリスト例


(広告)

バイブル・ウィズ・バッハ

NAFL日本語教師養成通信講座[改訂版]

アルク

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

ISO 14001:2004JIS Q 14001:2004)規格の「1.適用範囲(scope)」に以下のように書かれてあります。

この規格は,組織が,法的要求事項及び組織が同意するその他の要求事項並びに著しい環境側面についての情報を考慮に入れた方針及び目的を策定し,実施することができるように,環境マネジメントシステムの要求事項を規定する。

この規格は,組織が管理できるもの及び組織が影響を及ぼすことができるものとして組織が特定する環境側面に適用する。この規格自体は,特定の環境パフォーマンス基準には言及しない。」

現状で、わが国のISO14001の第三者認証を取得した組織数は、2万数千組織に及ぶかと思われます。これからEMSの構築に取り組まれる組織の人にとっても、EMSの継続的な維持を進めておられる組織の人にとっても、ISO14001規格の本質をより深く理解されることは重要なことです。

ISO14001:2004規格の要求事項ならびに内部監査を重点にEMSの実務について絵と図解また一部にマンガを用いてわかり易く解説している本を紹介します。

本書:「図解 ISO14001実務入門―環境マネジメントシステムと内部環境監査」です。

本書は、著者:大浜 庄司氏でオーム社より、2006年9月に発行されています。

本書は、ISO14001規格の第一版(1996年版)に対応した前著:「ISO14000環境マネジメントシステムと監査の実務」の改訂版になります。

第1章にマンガで、ISO14001環境マネジメントシステムとは、どのようなものかという概要をISO規格の概要からマネジメントレビューの概要まで等について担当者と管理責任者との二人の会話を通して解説しています。

第2章では「環境マネジメントシステムの基礎知識」として、イラストを用いてEMS規格の概要や審査登録制度について解説しています。

第3章の「図解でわかるISO14001規格」の部分では、ISO14001:2004規格の要求事項のポイントについて図解により解説し、更に参考としてISO14001の付属書A、或いは、ISO14004:2004規格を参考に対比して解説が進められ、環境マネジメントシステムを構築する上での手順が理解できるように詳しく解説されています。

また第5章の「内部環境監査の実務知識」では、その前の第4章で第1章と同様にマンガで内部監査の概要を一通り解説した上で、『環境監査とはどういうものか』から『内部環境監査不適合の是正処置のしかた』まで図解やイラストなどを用いてわかり易く解説しています。

更に第6章では、ISO14001規格ならびに環境監査に関係する基本的な用語について、イラストなどにより解説されています。

図解 ISO14001実務入門―環境マネジメントシステムと内部環境監査
オーム社
大浜 庄司(著)
発売日:2006-09
発送時期:通常24時間以内に発送

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 マンガ/ISO14001環境マネジメントシステム
第2章 環境マネジメントシステムの基礎知識
・ISO14000環境マネジメントシステム規格の構成
・環境マネジメントシステムとはどういうものか
・環境マネジメントシステム要求事項と組織の役割
・環境審査登録制度とはどういうものか
第3章 図解でわかるISO14001規格
・ISO14000規格の構成
・要求事項と利用の手引き
・適用範囲
・引用規格
・用語および定義
・環境マネジメント要求事項
・不適合ならびに是正措置および予防措置
・記録の管理
・内部監査
・マネジメントレビュー
第4章 マンガ/内部環境監査を理解する
第5章 内部環境監査の実務知識
・環境監査とはどういうものか
・内部環境監査とはどういうものか
・環境監査員にはどのような力量が必要か
・内部環境監査の導入準備はどのようにするか
・内部環境監査の計画の立て方(1)
・内部環境監査の計画の立て方(2)
・内部環境監査の実施の仕方
・内部環境監査の情報(証拠)収集のしかた
・内部環境監査情報(証拠)収集のための監査項目
・内部環境監査の監査証拠評価と監査報告書
・内部環境監査不適合の是正処置のしかた
第6章 環境マネジメントシステム・環境監査の基本用語


(広告)

Oracle Database割引購入ならオラクルライセンスセンター

オラクルライセンスセンター

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

ISO9001:2000(JISQ9001:2000)規格の8.2.2項「内部監査」では、以下のように要求されています。

「組織は、品質マネジメントシステムの次の事項が満たされているか否かを明確にするために、あらかじめ定められた間隔で内部監査を実施すること。

a)品質マネジメントシステムが、個別製品の実現の計画(7.1参照)に適合しているか、この規格の要求事項に適合しているか、及び組織が決めた品質マネジメントシステム要求事項に適合しているか

b)品質マネジメントシステムが効果的に実施され、維持されているか

(以降略)」

 すなわち内部監査の目的は、上記のa),b)項をチェックすることですが、適合性を検証することは実行できているとしてもなかなかb)項の有効性(計画した活動が実行され、計画した結果が達成された程度)を検証することが組織では、比較的薄くなる傾向があるように思われます。

内部監査員にとって内部監査の実務の中でチェックリストを策定することは、なかなか労力を要する内容になっていると思われます。

ISO9001:2000で要求される内部監査について、参考となる多数のチェックリストを備えて解説している本を紹介します。

本書:「品質監査の進め方とチェックリスト―2000年改訂版対応」です。

本書は、細谷克也 氏 編著で、2001年3月に日科技連出版社より発行されています。

同社の「すぐできるISO9000ファミリー」のシリーズの3巻になります。

本書は、同名のISO9000規格の第二版(1994年版)対応のシリーズからの改定となります。

本書の表紙の折り返し部に、特長として以下の点があげられています。

  • 本書は、審査登録機関による審査の手順や内部監査の進め方、審査の不適合事例など、監査のやり方がわかる
  •   
  • 品質マネジメントシステム審査時におけるチェック項目1,473を「必須」、「推奨」に分けて示したので、これから外部審査や内部監査の着眼点や現状の問題点がつかめる。

  • 品質マネジメントシステムのチェックリストの実例が示してあるので、社内の内部監査員や外部審査員は、監査や審査時の審査チェックリストが簡単に作成できる


 本書では、ISO9001の規格要求事項に対応するチェックリストに加えて、ISO9004の推奨事項に対応するチェックリストも用意されているので組織が有効性のためにQMSにグレードアップの観点で取り込んだ追加要求事項などへの対応においても参考になると思われます。

 とくにチェックリストについて要求事項は,□で青色、推奨事項は、△で黒、グレードアップのための推奨項目(9004関連)は、◇で、黒とわかり易く区分され用いられています。

本書では、4章から8章がISO9001規格要求事項に対応したチェックリストが掲載され、本書の主要部となっています

1章から3章までに審査登録や要求事項のポイントの説明も含め、登録審査の準備の対応が解説されています。

9章には、QMS内部監査の解説が、10章では、審査の不適合事例と注意事項が記載されています。  

品質監査の進め方とチェックリスト―2000年改訂版対応
日科技連出版社
細谷 克也(著)
発売日:2001-03
ランキング:297591
おすすめ度:2.0
おすすめ度2 内部監査の進め方

なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 ISO9000ファミリーによる審査登録
第2章 品質マネジメントシステム要求事項
第3章 審査登録の前準備
第4章 「品質マネジメントシステム」のチェックリスト
第5章 「経営者の責任」のチェックリスト
第6章 「資源の運用管理」のチェックリスト
第7章 「製品実現」のチェックリスト
第8章 「測定・分析及び改善」のチェックリスト
第9章 品質マネジメントシステムの監査
第10章 審査の不適合事例




(広告)

★アウトレットSALE

ウィルコムストア

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

組織のISO14001の取り組みで、継続的改善の成果を有効に達成するポイントに内部監査の充実があります。

すでにEMSを構築されて内部監査員として内部監査を実行されている方々のみならず、これからEMSにおいて、内部監査の仕組み構築を進められる方々にも役立つと思われる内部環境監査に関する本を紹介します。

本書:「(2004年版対応) ISO14001内部環境監査員の実務入門 第2版」です。
(チェックリスト付きとの副題がついています。)

本書は、ISO審査員研修などのテクノファの編著で、2005年2月に日刊工業新聞社より発行されています。

内容は、2001年1月に発行されていた前著の改訂版となります。

当然ながら2004年版規格対応に加えて、ISO19011:2002「品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針」の内容が反映されてあります。

具体的には、用語をよりわかりやすくし、PCDAを回し、継続的改善に向けた新しい内部監査の概念の導入がされています。

内部監査の重要性の解説から、内部監査の仕組み、進め方について、分り易い具体例が取り上げられ内部環境監査のすべてをまとめています

また内部環境監査で重要な現場監査について、内部監査員が自分の目で現場を監査する際の注意点について詳しく記載してあります。

効果的な内部監査を実施するための2種類(システム構築段階用と改善段階用)のチェックリストならびに内部環境監査規程、内部監査に関係する帳票なども掲載されています。

ISO14001内部環境監査員の実務入門―2004年版対応
日刊工業新聞社
テクノファ(著)
発売日:2005-02

なお本書の目次は、以下の内容です。
内部環境監査の重要性
内部環境監査の仕組み
内部環境監査の進め方(監査の計画および準備
監査の実施, 監査後のフォローアップ)
内部環境監査を効果的に実施するためのポイント
効果的なチェックリストの例


(広告)

本を買ってお得なポイントたまる!TSUTAYA online

TSUTAYA online

「ISOの本棚」ページのトップへ!

 



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

内部監査のコツについてイラストで分り易く解説している本を紹介します。

内部監査は、マネジメントシステムにおいて有効なPDCAサイクルを運用し、成果を挙げるポイントになります。

本日紹介するのは、本書:「活き活きISO内部監査」です。
工夫を引き出すシステムのけん引役」との副題がついています。

著者は、国府 保周氏(「生き生きISO9001」「生き生きISO14001」などのシリーズの著者)で2006年4月に日本規格協会より発行されています。本書も既刊のシリーズと同様の新書版となっています。

各種のマネジメントシステムに共通して内部監査は、その組織の自浄作用を担う肝とも言えます。

従来の内部監査に関する本は、規格原理主義とまではいかなくとも、対象とする規格の要求事項や「品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針」(ISO19011:2003(JISQ19011:2003)に基づく監査の技法などを極端な場合には、一段高いような視点からかなり堅苦しく説くというスタイルが多かったように思われます。多くの内部監査員には、敷居が高いと思われる内容のものが多かったかと思われます。


組織にとって力量に優れた内部監査員を育成することは益々重要になっていますが、本書は、マネジメントシステムの有効なけん引役となる内部監査について、品質マネジメントシステム(QMS)環境マネジメントシステム(EMS)を対象に、内部監査のコツをイラストを活用した表現で分り易く解説しています。180ページ程度の新書版のため通勤途中や出張の途中などで勉強してみることも含め色々の読み方・活用ができると思われます。

活き活きISO内部監査―工夫を導き出すシステムのけん引役 活き活きISO内部監査―工夫を導き出すシステムのけん引役
国府 保周

日本規格協会 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なお本書の目次は、以下の内容です。
はじめに
第1章 ISO内部監査の実態はいかに?
1.1 今日は内部監査を受ける日
1.2 今日は内部監査を行う日
1.3 内部監査は役に立っているか?
1.4 そもそも監査って何?
1.5 内部監査と外部審査
1.6 内部監査は誰のためのものか?
1.7 経営者にとっての内部監査
1.8 ヒラ社員に内部監査は無理?
1.9 内部監査員は腕を磨いているか?
1.10 推進と向上のための強い意思
第2章 ISO内部監査の成長と変遷
2.1 組織にとって初めての内部監査
2.2 システムの成長と内部監査の成長
2.3 存在確認から有効性評価へ
2.4 システム監査から成果監査へ
2.5 部門単位型から一貫性追跡型へ
2.6 よそ行きから普段着へ
2.7 受け手も変化する
2.8 経営者も変化する
2.9 内部監査の外部委託
2.10 代替審査制度(WDI)
第3章 監査に関する規格“ISO19011のポイント”
3.1 ISO 19011の目指すもの
3.2 ‘序文’,‘1.適用範囲’,‘2.引用規格’,‘3.定義’
3.3 ‘4.監査の原則’
3.4 ‘5.監査プログラムの管理’?
3.5 ‘5.監査プログラムの管理’?
3.6 ‘6.監査活動’?
3.7 ‘6.監査活動’?
3.8 ‘7.監査員の力量及び評価’?
3.9 ‘7.監査員の力量及び評価’?
3.10 品質・環境以外への適用
第4章 ISO内部監査に臨む姿勢
4.1 内部監査を実施する順序と時間配分
4.2 ルールの内容を掌握する
4.3 調査する内容と順序
4.4 実地調査の進め方
4.5 実地調査での見方
4.6 “聴き上手”が基本
4.7 内部監査の姿勢
4.8 内部監査結果の報告
4.9 是正処置とレビュー
4.10 内部監査員は多くのことを考える
第5章 個々の場面で何を見るか
5.1 営業販売部門
5.2 設計開発部門
5.3 生産技術部門・施工技術部門
5.4 生産管理部門・購買部門
5.5 製造部門・出荷部門
5.6 施工部門・施工管理部門
5.7 サービス提供部門
5.8 検査部門・品質保証部門
5.9 マネジメントシステム推進事務局
5.10 経営者・管理責任者
第6章 こんな秘策もあり!
6.1 監査を行う人と受ける人
6.2 個々の監査で重点テーマを明示する
6.3 要求事項間と部門間の乗継ぎを見る
6.4 ‘虚しい’にならないように
6.5 内部監査の場を活用した徹底討議
6.6 実績と作戦との因果関係の確認
6.7 外部委託先との合同内部監査
6.8 とことん追跡調査
6.9 指摘の仕方と指摘内容
6.10 次のステップへの継承状況
第7章 ISO内部監査の成果を活用する
7.1 内部監査だからこそ得られる情報
7.2 経営者からの調査依頼
7.3 組織のポリシーの実現状況
7.4 本業に役立てる
7.5 リスクの回避
7.6 従業員育成の場
7.7 経営への活用
7.8 従業員満足への応用
7.9 内部監査結果の分析
7.10 内部監査の‘役立ち’の度合い
第8章 ISO内部監査を工夫する
8.1 “活き活きISO内部監査”とは
8.2 チェックリストの功罪
8.3 内部監査員の成長
8.4 内部監査システムのレビューと進化
8.5 統合マネジメントシステムの内部監査
8.6 内部監査の原価管理?(費用)
8.7 内部監査の原価管理?(効果)
8.8 人の気質が内部監査の質を決める
8.9 内部監査員の活動満足
8.10 内部監査で組織が‘活き活き’


(広告)

Inspiron 9400

dell9_234x60

「ISOの本棚」ページのトップへ!





RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

ISO9001:2000の8原則の一つに「プロセスアプローチ」があります。本書は、内部監査において、プロセスアプローチを活用して成果を挙げる手法を解説している本を紹介します。

本書:「ISO9000:2000 監査へのプロセスアプローチ」です。

原著:「ISO9000 : 2000 Auditor Questions〈Hoyle, David;Thompson, John〉」を奥城 昭一郎氏ならびに今井 義男氏の翻訳で、2001年11月に日本規格協会より発行されています。

ISO9001:2000では、「プロセスアプローチ」の採用が推奨されています。
プロセスアプローチ」とは、品質マネジメントの8原則の一つで、「活動及び関連する資源が一つのプロセスとして運営管理されるとき、望まれる結果がより効率的に達成されるとする原則」と規定されています。

具体的には、「企業などの組織が行う活動を、業務や部門単位に断片的に考えるのではなく、あるいは経営資源や製品・サービスのようにモノを中心に考えるのではなく、相互に関連する一連のプロセスとしてとらえ、各プロセスの役割や要件、目的・目標、有効性などを明確にプロセス間の有機的な相互関係を的確に把握して管理運営するときに望まれる結果がより効率よく達成されるという考え方。」です。「プロセスアプローチ」について、顧客要求事項を満たすことによって顧客満足を向上させるためにQMSを構築し、実施し、構築したQMSの有効性を継続的に改善していくために、その採用が推奨されています。

プロセスアプローチの方法を監査に適用すると組織のQMSの成果や有効性について焦点が当てられることになるとの観点から、本書では、一連の5つの汎用的な質問が提案されています。それは、以下の内容です。

  1. あなたは何をしようとしていますか?
  2. それをどのように実現させていますか?
  3. それが正しいことをどうやって知っていますか?
  4. それが実施する最良の方法であることをどうやって知っていますか?
  5. あなたはそれを行うのが正しいことだとどのように知っていますか?

プロセスの有効性の監査においては、活用する価値があります。規格の要求事項を裏返した適合性の監査だけでなく、組織の部門の仕事の有効性に的を絞った内部監査などに役立つと思われます。監査員はもちろん、経営者、品質管理責任者、事務局員等にも役立つ一冊と思われます。

ISO9000:2000監査へのプロセスアプローチ ISO9000:2000監査へのプロセスアプローチ
David Hoyle John Thompson 奥城 昭一郎

日本規格協会 2001-11
売り上げランキング : 247,764
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


iso9001processgazou














なお本書の目次は、以下の内容です。
第1章 序文
第2章 監査方法論
第3章 品質マネジメントの原則
第4章 プロセスアプローチ
第5章 企業レベルの質問
第6章 管理レベルの質問
第7章 運用レベルの質問
第8章 事業プロセスの審査
第9章 結論


(広告)

春の新作特集

オフィスデポお試しキャンペーン

「ISOの本棚」ページのトップへ!

 



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

ISO19011:2002の対訳本「対訳ISO19011品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針 ポケット版」を紹介します。

著者: 品質マネジメントシステム規格国際対応委員会, 環境管理規格審議委員会環境監査小委員会になります。

QMSEMSのみならず、OHSMSISMSPマークのためのJISQ15001(コンプライアンスプログラム)の監査などマネジメントシステムに関わる監査のガイドラインとして役立ちます。

マネジメントシステムに関わる審査・監査に関わる人には、そのポケットに必須の本です。

ポータブルなサイズなため、持ち運びにも便利です。

4542401928 対訳ISO19011品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針 ポケット版
品質マネジメントシステム規格国際対応委員会 環境管理規格審議委員会環境監査小委員会

日本規格協会 2003-03
売り上げランキング : 24,419
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次は、以下の内容
1 適用範囲
2 引用規格
3 定義
4 監査の原則
5 監査プログラムの管理
6 監査活動
7 監査員の力量及び評価

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

情報セキュリティならび個人情報保護のマネジメントシステムについての内部監査の総括的な参考書を紹介します。
また本書には、CD-ROMにモデルデータが収録され、添付されています。

 プライバシーマーク(Pマーク)制度とは、日本情報処理開発協会(JIPDEC)を付与機関として展開される、個人情報保護に関するマーク付与制度です。

プライバシーマークの付与を受けようとする組織 (以下受審組織)は、JISQ15001個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項)に従い、組織の個人情報運用管理システムを策定し、運用する必要があります。

Pマークの審査機関は、受審組織の個人情報保護状況が、JISQ15001 及び各審査実施機関の要求するガイドラインに適合しているかどうかを判断します。

適合状況を確認できた場合に、プライバシーマーク使用許諾を付与します。受審組織がプライバシーマーク使用許諾を受けるための要件の一つには、内部監査の実施が含まれます。

JISQ15001:1999(個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項)の4.5項(監査)において、

 「事業者は、コンプライアンス・プログラムがこの規格の要求事項と合致していること、及びその運用状況を定期的に監査しなければならない。監査責任者は、監査を指揮し、監査報告書を作成し、事業者の代表者に報告しなければならない。事業者は、その監査報告書を管理し、保管しなければならない。」

と要求されています。

一般的にこの内部監査は、事業者の日常の組織活動とは異なるため新たなPマークの受審組織にとっては、一つの壁にもなります。

また法律やガイドラインの制定や改善、相次ぐ個人情報漏洩事件の発生等の環境下において、個人情報保護体制の運用状況チェック・確認をするための内部監査の役割はますます重要になっています。

紹介するのは、情報セキュリティ・個人情報保護を内部監査によって実現する方法について、具体的なモデルで示している本書です。

情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務」です。

著者は、島田 裕次氏、大和田 淳氏、五井 孝氏で、2005年3月に日科技連出版社より発行されています。

本書の内部監査の対象は、上記のJISQ15001のみならず、情報セキュリティ分野も含む範囲をカバーする内容となっています。

1.監査の初心者にも分かるように、内部監査の進め方と効果的な提言の仕方を提示
2.監査規程、監査計画書、監査チェックリスト(監査手順書)、監査調書、監査報告書作り方とそのモデルを提示
3.モデルのデータをCD−ROMに収録』を特徴とするとのことです。

4817163089 情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務
島田 裕次 大和田 淳 五井 孝

日科技連出版社 2005-03
売り上げランキング : 65,086
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次は、以下の内容となっています。

read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo