EuP指令「Proposal for a DIRECTIVE OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND THE COUNCIL on establishing a framework for the setting of ecodesign requirements  for energy-using products:『エネルギー使用製品に対する環境配慮設計要求事項設定のための枠組みを構築する指令』」がEUにおけるIPP(包括的環境製品政策:Integrated  Product Policy)に基づいて、発表されたのは、2002年11月になります。

EuP指令は、『世界初の環境配慮設計を義務づける法律』ということになります

EuP指令は、2005年5月に欧州議会の承認を得て、2005年7月にEU理事会指令として発効になりました。

 実施は、EU加盟各国の施行体制が整う2007年8月以降とされていますが、欧州でビジネスを展開中の企業にとってこのEuP指令についての関心は高いかと思われます。

なおEuP指令に関するEUのウェブサイトはこちらになります

本日は、あのRoHS指令を超えるインパクトをもつと言われるEuP指令について、そのポイントを分かり易く解説している本を紹介します

本書:「EuP指令入門」です。

エコデザインマネジメントの実践に向けて」(Introductiom to "EuP Directive" for practical inplementation of Ecodesign Manegemet)との副題がついています。

本書は、市川 芳明 氏編著で、齋藤 潔 氏著, 傘木 和俊 氏著により、2006年11月に産業環境管理協会より発行されています。

本書の「はじめに」で本書の目的とする所について以下のように記載されています。

「本書は、2005年7月22日にEUにおいて官報公示された2005/32/EU「エネルギー使用製品に対する環境配慮設計要求事項設定のための枠組みを構築する指令」および今後予定されている実施措置を含めた、いわゆるEuP指令についての分かりやすい解説を試みたものである

 EuP指令、あるいは通称、エコデザイン指令は、世界で初めて環境配慮設計を法的に義務化した歴史的な法律である。しかし、その内容は必ずしも理解が容易でない。まして環境のエキスパートでない設計者にとっては、欧州向け製品戦略上の大きな課題になるだろう

(略)

 そこで、本書では、入門書としてEuPの生まれた背景、指令本文の日本語訳に基づく主要条文の解説、関連する国際的な動き、そして日本企業としての取組の要点を述べた。巻末には全文の日本語訳も掲載した。本書初版の出版後に実施措置がEU委員会より発行される予定であるが、その際には「対策編」としてさらに具体的な解説を出版する予定である。」

本書は、3部から構成されます。
第1部では、「EuPって何?―背景と経緯」と題して、EUが展開する製品環境政策の「第6次環境行動計画」、「IPP(統合的製品政策)」、「EuP指令」、「欧州新化学品規則案(REACH)」、「廃電気電子機器指令(WEEE指令)」、「有害物質規制指令(RoHS指令)」、「廃自動車指令(ELV指令)、「使用済みバッテリー指令」なども含めて、EuPに至る経緯が解説されています。

第2部では、「EuPとは−その概要−」と題して、現場環境規制から製品環境規制への転換の流れやIPPの根幹を成すLCTライフサイクル思考:Life Cycle Thinking)の理念からサプライチェーン規制としてのEuP規制について触れた上で、EuP指令の対象製品、要求事項などの概要が解説されています。さらにEuP指令の条文の解説が行われ、さらには,IECの技術委員会TC111によるIEC62430への規格化の流れなどを解説しています。

第3部では、「EuP指令がもたらす影響と対策」として、RoHS指令で経験したサプライヤーからの情報入手について、EuP指令では、資源採取からEnd-of-Lifeまでの全ライフサイクルを視野に入れて、設計時に全体最適化を図ることが求められており、新たなサプライチャーンへの対応が求められることや、環境配慮設計のパラメータがRoHS対応に比較して多次元化し複雑化することの課題。またEuP指令で求められるCEマーキングに関する適合性評価制度への対応の課題を取り上げている。
さらには、これらの課題に対しての日本の状況を詳しく総括し、取り組むべき方向性について言及しています

なお巻末にEuP原文(英語版)とその日本語訳が添付されています。

EuP指令入門―エコデザインマネジメントの実践に向けて
産業環境管理協会
市川 芳明(著)齋藤 潔(著)傘木 和俊(著)
発売日:2006-11
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:136361

なお本書の目次は、以下の内容となっています。
発刊にあたって
はじめに
第1部 EuPって何?―背景と経緯
 1章 背景
 2章 経緯
第2部 EuPとは−その概要−
 1章 EuP指令の概要
 2章 EuP枠組み指令の条文解説
 3章 EuPに関する規格化の動向
第3部 EuP指令がもたらす影響と対策
 1章 EuP指令の何が問題か?
 2章 EuP指令にどのように対処すべきか
付属資料
  EuP原文(英語版)
  日本語訳


(広告)

Adobe Web Bundleはデザインから開発、メンテナンスまですべてに対応できるトータルパッケージです

LicenseOnline Adobe製品ストア

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo