TRIZは英語でTheory of Inventive Problem Solving を意味するロシア語の頭文字をとったもので、日本語では〔発明的問題解決理論〕等と訳されています。

 こちらのブログでも関連する書籍を紹介していますが、TRIZの基本的な考え方は、人が技術問題を解決するときに必ず通る道筋があり、そのことを知って積極的に用いれば、勘とか経験に頼らず、誰にでも一定レベルの解決法を見出すことができるという発想に基づきます

本日は、TRIZの入門書:「日常業務でさまざまな問題に直面している技術者が、『これならすぐにでも使えそうだ!』と思えるような内容を目指した」を紹介します。

本書:「開発設計のためのTRIZ入門」です。

発明を生む問題解決の思考法」との副題が付いています。

本書は、著者:笠井 肇氏で、2006年10月に日科技連出版社より発行されています。

本書の帯には、以下のことが書かれてあります。

これなら納得!

究極の

TRIZ入門書

「たった今困っている個々の問題を最も効率よく解決に導く方法を示す

画期的手法・TRIZ

“何をしたいのか”、“そのためにはどのツールを使えばいいか”、

“それをどんな手順で進めればいいか”…。それらの答えをうまく導き出すには、

まずTRIZの仕組みを知ることが大切だ。

本書は、日常業務でさまざまな問題に直面している技術者が、

「これならすぐにでも使えそうだ!」と思えるような内容を目指した

究極のTRIZ入門書である。』

本書では、技術者が直面する8つの課題として以下のような内容を取り上げています。

  1. 顧客ニーズの把握
  2. 魅力的な商品コンセプトの設定
  3. 使いやすく斬新なデザインの創出
  4. 開発期間の短縮
  5. 市場品質問題の解決
  6. ボトルネック技術の解決
  7. コストの低減
  8. 知的財産権の拡充

そして、これらの課題を解決するのにQFD(品質機能展開:Quality Function Development)とTRIZタグチメソッド(品質工学)の3手法が効果的とし、中でもTRIZは、上記の4~8の課題への適用に効果があるしています。

本書は、2部ならびに9章から構成されています。

第吃瑤蓮1,2章で構成され、「TRIZとは」との表題になっています。
第1章では、「開発・設計における諸問題」として、上に記載したようなTRIZを用いる背景について説明しています。

第2章では、「TRIZとは」として、TRIZの基本的な考え方(「プリンシプル(Principles:発明原理)」、「プレディクション(Prediction:進化パターン)」、「イフェクツ(Effects:科学・工学効果)」などのTRIZ固有の問題解決ツールについて解説しています。

第局瑤蓮◆岾発・設計の問題解決へのTRIZの応用」と題して、3~9章になります。
第3章~7章までそれぞれ、「品質問題解決」、「性能向上」、「新機能実現」、「コスト低減」、「商品企画」の技術者が日常的に直面する代表的な課題についてTRIZをどのように適用するかを解説しています。

第8章は、「開発期間短縮、特許戦略に役立つTRIZ」として、TRIZによる経営上の効果について概説しています。

第9章は、「TRIZソフトの活用法」として、問題解決支援ソフトの『Goldfire Innovator』の活用法が解説されます。

開発設計のためのTRIZ入門―発明を生む問題解決の思考法
日科技連出版社
笠井 肇(著)
発売日:2006-10
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:198365


なお本書の目次は、以下の内容です。
はじめに
第吃 TRIZとは
第1章 開発・設計における諸問題
第2章 TRIZとは
第局 開発・設計の問題解決へのTRIZの応用
第3章 品質問題解決のためのTRIZ
第4章 性能向上のためのTRIZ
第5章 新機能実現のためのTRIZ
第6章 コスト低減のためのTRIZ
第7章 商品企画のためのTRIZ
第8章 開発期間短縮、特許戦略に役立つTRIZ
第9章 TRIZソフトの活用法
付録 イフェクツの機能グループと機能項目・効果と事例


(広告)

アルク・オンラインショップ

アルク

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

TRIZ(トゥリーズ)の入門書を紹介します。

本書:「図解 TRIZ革新的技術開発の技法」です。

TRIZ(トゥリーズ)については、2月17日のこちらのブログで紹介していますが、旧ソ連で生まれた発明の支援手法であります。世界の特許250万件から抽出された発明・問題解決法であります。

本書は、山田郁夫氏監修、三菱総合研究所知識創造研究部の編集により、1999年7月に日本実業出版社から発行されています。

本書の「はじめに」によりますと

「独創的技術を「発明」として認め、その独占的使用を許可する「特許」を世界最初に制度として認めたのは、14世紀のオランダの「風車」だといわれています。その後英国にこの制度が移り、産業革命で多くの発明の花が咲きました。
(略)
  本書では、これから新しい製品を市場にどのような戦略で提案していくか、技術の発展の予測をしながら次世代の製品をどのように開発していくかなど、新製品開発に初めて取り組もうとしている初心者の方をも対象に、TRIZとは何か、どう応用すればいいのかをわかりやすく解説しました。」

と本書の紹介がされています。

 今日では、知的財産権に対する関心は、企業内の知的財産部門や新製品開発技術者のみならず経営者、管理者、スタッフの全ての関心事になってきています。
 特許紛争について「ネット競売最大手の米イーベイが米特許保有会社から特許侵害で訴えられた裁判で、米連邦最高裁判所は15日、該当特許が使われているサービスの停止をイーベイに命じた控訴審判決を破棄し、審理を下級審に差し戻した。」等のニュースが職場でも話題になる時代になっています。
 また最近、わが国でも独自技術など知的財産の保護やソフト産業の振興を通じ、日本の産業競争力を強化するための総合的な推進計画を、政府の戦略本部がまとめるといった動向にあり、ますますこの分野が重要になってきています。

本書では、「発明とは矛盾問題を解決すること」と考えていたTRIZの生みの親のアルツシューラーの40の発明原理と39の技術的パラメータをベースとするTRIZ手法について、多くの分り易いイラストを用いて解説してあります。

技術者のビジネスマンとしてのスキルアップにお奨めします。


図解 TRIZ―革新的技術開発の技法 図解 TRIZ―革新的技術開発の技法
三菱総合研究所知識創造研究部

日本実業出版社 1999-07
売り上げランキング : 26,364
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なお、本書の目次は、以下の内容です。
1章 TRIZとは
2章 発明とは矛盾問題を解決すること―プリンシプル
3章 簡単な事例に見る40の発明原理―プリンシプル
4章 技術システムは進化する―プレディクションと技術の進化トレンド
5章 科学的効果・法則や工学的効果の活用―イフェクト
6章 TRIZでこうして成功した!3つの成功事例
7章 TRIZの周辺と将来


(広告)

マイクロソフト お得に購入! 購入費用のコスト削減を実現。ライセンス番号も一括管理出来ます。

Windows XP・Offece2003 マイクロソフト製品の割引購入なら

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

TRIZは、知的財産権に関するアイデア開発等のツールとして活用されていますが、TRIZの入門書を紹介します。

本書:「TRIZ入門」であります。著者は、「失敗に学ぶものづくり」で有名な工学院大学教授 / 東京大学名誉教授の畑村 洋太郎先生と  TRIZ groupというコンサルティング機関も運営するミシガン州デトロイトのWayne大学のVictor Fey教授とEugene Rivin, D.Sc. P. E教授の原著を実際の設計研究会が編集したもので、1997年に日刊工業新聞社より発行されております。

【TRIZ】とは、「トゥリーズ」と読みますが、これは、Theory of Inventive Problem Solvingの意味のロシア語の頭文字を英語のアルファベットで置き換えたものであります。


 1946年からTRIZについての理論と実践がロシアで始まっています。

創始者のアルトシューラーが、人間が発明したり問題解決をしたりというような頭の中の活動に法則性があるのではないかと考え、約40万件の特許を調べて、新しい発明を創造するのにどのような法則性があるかを徹底的に検討したものが原型です。

これがソ連、ロシアで更に発展したものであります。

いまでもロシアのペテルスブルグとミンスクには,TRIZの専門家集団が多数活躍しているようです。

またその一部の優秀な技術者がアメリカにわたり、TRIZのビジネス応用として、自動車会社や自動車部品会社の開発に活用されたとのことであります。

また過去の発明事例とその思考をデータベース化したソフト=TechOptimizer(TM)等も開発され、活用されてきています。
わが国でも,TRIZについての詳細な情報が得られる代表的な以下のウェブサイトがあります。

  1. 日経BP社 TRIZ ON LINE
  2. 三菱総合研究所
  3. TRIZホームページ ( 大阪学院大学 中川 徹教授)

本書では、TRIZの入門書としてのその基本的な考え方とくに設計への応用の観点について詳細に解説されています。

発行されて9年になりますが、TRIZに興味を持つ設計技術者が手にする最初の本としておすすめできるかと思われます。

TRIZ入門―思考の法則性を使ったモノづくりの考え方 TRIZ入門―思考の法則性を使ったモノづくりの考え方
ビクター・R. フェイ 畑村 洋太郎 ユージン・I. リビン

日刊工業新聞社 1997-12
売り上げランキング : 234,775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なお本書の目次は、以下の内容です。
第1部 TRIZとはどんなものか
第2部 翻訳「技術革新の科学」
第3部 「技術革新の科学」へのコメント
第4部 創造設計原理から見たTRIZ
第5部 TRIZの周辺


(広告)

自分の市場価値は?もっと自分を生かすための資格情報![資格の学校TAC]

資格の学校 TAC


Adobeのライセンス製品が1つから購入可能に「LicenseOnline Adobe製品ストア」 

バナー (横・お得な割引)

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo