薬局でも新型インフルエンザ対策の使い捨てのウイルス防止マスクやゴーグルなどのコーナーが設けられたりしていますが、警戒レベルがフエーズ3といってもなかなか実感が持てないところですが、専門家は、予防の備えを強く説いています。


本書の監修者のDr.岡田 晴恵(国立感染症研究所ウイルス第3部研究員。専門は感染免疫学、ワクチン学、ウイルス学。)さんは、感染症や新型インフルエンザに関する著作や講演で著名ですが、こちらのブログサイトでも『新型インフルエンザ防御マニュアルQ&A』として、『新型インフルエンザの大流行(パンデミック)に備えて、私たちは何をすべきなのか?』 また、『もし大流行が起こってしまったら、自分と家族を守るために何をすればよいのか?』、さらに 『食糧・日用品の備蓄リスト、および感染しないための注意事項など』をまとめています


新型インフルエンザの対策の第一歩は「知識のワクチン」の接種として、新型インフルエンザの基礎的知識を解説した本書は、すでに70万部売れたとのこと。


ちなみに「知識のワクチン」とは、新型インフルエンザの正しい知識を身につけることが、本物のワクチンと同じように新型インフルエンザから命を救う効果があることを表した言葉。


新型インフルエンザの封じ込めがうまくいかず、一度、感染が広がってしまうと世界中で甚大な被害が出ることが予想されています。


H5N1鳥インフルエンザが変異し新型インフルエンザとなると、交通網の発達により、世界的な流行、日本での蔓延は避けられないとされています。


新型インフルエンザの予防のスタートは、「知識のワクチン」で、新型インフルエンザの情報について正しい知識を身につけること


知識の有無の差が命運を分け、自分自身や身近な人を守ることにつながります。


<<ポイント>>


新型インフルエンザに関する必要な情報を集約し、分かり易くまとめた本


実際に新型インフルエンザが発生したときにも どのように対応すべきかなどの新型インフルエンザの基礎的知識を分かりやすく解説しています。


また備えておくべき備品のリストや適切な感染防止策、自宅での看病の仕方といった個人ができる対策を具体的に解説しています。


本書:「知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル」です。


本書は、岡田 晴恵さんの監修にて、2008年8月に現代けんこう出版より発行されています。24ページに必要な知識がコンパクトにまとめられた210円の本になります。


知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル
現代けんこう出版
岡田 晴恵(監修)
発売日:2008-08-27
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:50
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 出来がいい。
おすすめ度1 残念!
おすすめ度5 まさに、「知識のワクチン」
おすすめ度5 全社員に配布したい
おすすめ度5 個人ができる対策がよくわかる

<<本書のエッセンスの一部>>


本書の表紙の下部には、以下のように書かれてあります。


新型インフルエンザ対策の第一歩は、「知識のワクチン」の接種です。
新型インフルエンザを正しく理解し、適切な危機感を持って行動を起こすことが
あなたとあなたの家族を守ることにつながります。


本書は、[知識編]と[対策編]とから構成されています。


カラフルな図解により、新型インフルエンザの基礎知識から、予防から発生後の具体的な対策まで分かり易くかみ砕いて解説されています。


とくに対策編では、『備蓄品チェックリスト』、『感染防止の7箇条』、『自宅での看病の仕方』など重要なポイントが要領よくまとめられています。


そして、最後には、「新型インフルエンザによるパンデミックは必ず起こるの?」から「新型インフルエンザの発生後、どうなったら安心できるの?」などの11問の知りたいQ&Aが用意されています。


<<本書で何が学べるか?>>


知識のワクチン」がワクチンとして有効であるためには、分かり易いことが一番だと思います。


新型インフルエンザを取り上げた幾つかの本の中で、明快で分かり易いことで、本書は、最右翼のように思います。


本書は、極めて効力の高い新型インフルエンザの「知識のワクチン」です。


<<まとめ>>


本書を会社などでまとめ買いして配布しているところもあるようですが、これから起こる可能性が迫っている新型インフルエンザによるパンデミックの予防のため本書のご一読をお薦めします。


なお本書の目次は、以下の内容です。
[知識編]
新型インフルエンザとは何か?
そもそも鳥インフルエンザって?
出現が恐れられるH5N1型新型インフルエンザ
新型インフルエンザはいつ発生するか?
一度発生すれば、感染拡大を防ぐのは難しい
実際にパンデミックが起きたらどうなるか?
[対策編]
国、自治体、企業、家庭・個人の協力で危機を乗り切る!
流行スピードを遅らせて社会機能を守る!
「予防対策」の決め手はワクチンの備蓄と接種計画
新型インフルエンザの「治療」はタミフルの早期服用がポイント
新型インフルエンザ発生前 今からできる対策
新型インフルエンザがついに発生! 発生後の対策
毎日の体調チェックと自宅での看病の仕方
新型インフルエンザ なんでもQ&A





にほんブログ村 本ブログへ



(広告)


デル今週のおすすめパッケージ【個人向け】


デル株式会社


「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

  食品加工工場、食品販売、流通、給食、外食産業、病院、老健施設、訪問介護、環境整備などの関係者向けに微生物)について図解などにより分かり易く解説している本を紹介します。

本書:( 【ビジュアル図解】)「よくわかる菌のはなし」です。

本書は、著者:青木 皐氏により、2007年3月に同文館出版より発行されています。


本書の帯には、以下のように書かれています。

菌を知り

菌と上手に共存しよう!


日常生活から食品、医療、環境関連まで、

われわれの暮らしと関わる

の正体がよくわかる!」

また本書の表紙の折り返し部には、以下のように書かれています。

O157、鳥インフルエンザ、ピロリ菌、SARS、HIV…最近、新聞などで良く見聞きする微生物たち


これら微生物は、いつどこでわれわれの生活に影響を与えるかわからない。ホテルに宿泊しただけで、ある日突然ウイルスに感染したり、レストランの料理人がある日、食中毒の加害者になることもある。

(略)

本書は、こうした複雑な微生物を真っ正面からとらえ、専門用語を排しながらビジュアルに解説。」


本書は、10章(100テーマ)から成ります。また各章の終わりには、コラム欄が設けられ、微生物にまつわるトピックスが取り上げられています。本書の説明の要領は、100の項目について、右側のページにタイトルとその解説文が掲載され、左側のページには、その内容を分かり易く補足するための図表類が掲載されるというスタイルになります。日常生活から食品、医療、環境関連まで、暮らしと深く関わる菌について分かり易く解説されています

1章では、「とはどういうものか?」
として、「001:バイキンって何?って何?」から「006:善玉菌と悪玉菌」までの内容で、微生物とくにの概要について解説されています。


2章では、「日常生活の中の
として、日常生活において関係してくるとの関係について、手洗い、うがい、食中毒、ペットとの暮らしなどの話題、さらには、SARS、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ、ウエストナイル熱などが取り上げられ解説されています。


3章では、「食品衛生・食生活と
として、食中毒、食品工場、HACCP、ISO22000、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌、ボツリヌス菌、ノロウイルス、O157、カンピロバクター、などのテーマが取り上げられ解説されています。


4章では、「医療(疾病)と
として、「感染とはどのようなことか?」に始まり、「お見舞い・付き添い・ボランティアの注意点」まで医療(疾病)に関わる23項目が取り上げられて、解説されています。


5章では、「環境と
として、土壌菌とそのバイオ浄化などへの活用技術の話題からはじまり、ゴキブリやハエ、野生動物などの害虫・害獣の感染症との関係からその侵入防止や対応策、災害後の感染症の注意などの環境にまつわる微生物のテーマが取り上げられ解説されています。


6章では、「清潔・清浄と
として、食品・医療関係で求められる「清潔」の取組とそこから生まれる事故のない「安心・安全」から汚れと正しい清掃の方法、5Sに基づく衛生管理に関わるマネジメントなどのテーマが取り上げられ解説されています。


7章では、「衛生習慣と
として、食品関係や医療・介護の現場で求められる手洗いなどをはじめとした衛生管理の基本的事項がテーマとして取り上げられ解説されています。


8章では、「美容・健康と
として、便、肌、発汗とにおい、ニキビとアトピーなどの美容・健康と菌との関わりについてのテーマが取り上げられ、解説されています。


9章では、「の制御と利用
として、殺菌・消毒・除菌・抗菌などの違いにはじまり、消毒薬の使い方、安全な消毒方法、病院の感染症対策とその基本、汚染予防に相応しい設備、ウイルスの制御、かび対策、バイオテクノロジーの概要などの菌の制御から利用といったテーマが取り上げられ、解説されています。


10章では、「と上手につき合う法
として、見えない菌とどのように付き合ったらよいか、省薬剤(レスケミカル)、衛生害虫に対応するペスト・コントロールの考え方、菌との共存で安心・安全を実現していくなどのテーマが取り上げられ、解説されています。


なお本書の目次は、以下の内容です。
1章 菌とはどういうものか
2章 日常生活の中の菌
3章 食品衛生・食生活と菌
4章 医療(疾病)と菌
5章 環境と菌
6章 清潔・清浄と菌
7章 衛生習慣と菌
8章 美容・健康と菌
9章 菌の制御と利用
10章 菌と上手につき合う法

にほんブログ村 本ブログへ


(広告)

Dell-個人のお客様ページ

デル株式会社

「ISOの本棚」ページのトップへ!



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

Google 翻訳
Categories
運営者情報
track word
Profile
旅行なら
<

簡単検索
全国のホテルをあなた
好みで検索できます。
■日程
チェックイン
チェックアウト

■1部屋あたりのご利用人数
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児
(食事・布団付)
幼児(食事のみ)
幼児(布団のみ)
幼児
(食事・布団不要)

■部屋数 部屋

■宿泊料金の範囲
■地域を選択する
  
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RSS


【このページをRSSリーダーに登録する!】
Googleに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
はてなRSSに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

track feed ISOの本棚

  • seo